運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医療用/一般用医薬品の違い

次の記事へ>>

1.オイラックス|調剤薬局編|医療用/一般用医薬品の違い

1.オイラックス|調剤薬局編|医療用/一般用医薬品の違い

2009年04月09日 (木) 20時20分配信 投稿日:09/04/09 20:20 icon_view 775view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 775view

■この記事について



医療用医薬品でも一般用医薬品でも、よく知られている「オイラックス」
こんなに多くの種類があること、ご存知でしたか(表1)。それぞれの違いはわかります?

「私は、調剤専門だから」「私は、OTC薬 販売専門だから」と安心してはいられません。
もし、こんな患者さん・お客さんがいらっしゃったら、どうされますか?

image
表1.オイラックス比較表

■事例1. 湿疹・かゆみのため、オイラックスクリームが処方されている



状況:(患者さん)
前に湿疹がでたときもオイラックスをもらったけど、そのときは、青っぽいチューブだったような・・・。

考えること・思うこと:
青っぽいということは、オイラックスHクリーム?薬歴を確認して・・・と。

対応のヒント:
医療用医薬品のオイラックスは2種類。クロタミトン単味の 「オイラックスクリーム10%」(緑色のチューブ)と、クロタミトン+ヒドロコルチゾンの 「オイラックスHクリーム」(青色のチューブ)

薬歴やお薬手帳で、以前の処方を確認。それらがない場合は、オイラックスHクリームを患者に見せて「これでしたか」と確認してもよいでしょう。現在や過去の症状も確認して、それぞれの違いや特徴などを説明します。

「以前出ていたのは、同じオイラックスでも『オイラックスHクリーム』のほうですね。かゆみ止めとステ ロイド剤が配合されていて、かゆみや赤みが強いときなどはそちらが使われることが多いんです。でも、今日は、赤みやはれはあまりないとのことですので、ステロイド剤の入っていない、かゆみ止め成分 だけの『オイラックスクリーム』が処方されたようですね。お薬の種類はたくさんあります。症状も、そのときによって違いますから。ご自分に合ったお薬を使うこと って、とても大切なんですよ」。


■事例2. 蕁麻疹のため、オイラックスクリームが処方されている



状況:
(患者さん)
もしまた蕁麻疹になったら、売っているオイラックスをつけてもいい?

考えること・思うこと:
OTC薬のことなんて、私に聞かないで!
(インターネットか医薬品集で確認して・・・。)
えー!オイラックスってこんなにあるの?でも、蕁麻疹、そんなにしょっちゅうなるのかな。

対応のヒント:
一般用医薬品のオイラックスは7種類。すべてにクロタミトンが配合されているが、ステロイド剤を含むもの・含まないもの、ステロイド剤の種類 が異なるもの、乾燥肌用のもの、剤形が異なるものなど・・・。種類の多さに驚かされる。

ちょっとしたかゆみや湿疹、蕁麻疹などに対しては、OTC薬でも対応可能。OTC薬購入時にも、薬剤師などに 症状や部位、思い当たる原因などを伝えて、自分に合ったものを選択する。
蕁麻疹の原因や種類は多様。食物、薬剤、植物、昆虫、物理的な刺激(摩擦、寒冷、日光など)、発汗、精神的なストレス、他の疾患・・・。蕁麻疹を何度も繰り返す、OTC薬を数日使ってもよくならないといったときなどは、受診を勧める。

「ちょっとしたかゆみや虫刺されには、一般に販売されているお薬でも十分対応できます。 種類がたくさんあって迷ってしまうと思いますから、薬剤師などに相談してみて下さい。もし、お薬を2、3日使ってもよくならなかったり、頻繁に蕁麻疹になったりするときは、受診なさって下さいね」


■事例3. 湿疹のため、オイラックスクリームが処方されている



状況:(患者さん)
オイラックスって、乾燥肌の薬じゃないの?

考えること・思うこと
オイラックスはかゆみ止めでしょ。別の薬と勘違いしてるんじゃないかな?

対応のヒント:
一般用医薬品には、「オイラックス潤乳液」という乾燥肌用の商品がある。患者さんは、そのことを言っているのではないかと思われる。患者さんの勘違い!と決めつけないで、確認を行うようにしましょう。

「一般に販売されているオイラックスの中には、乾燥肌用の商品もあるのですが、これはそれとは成分も使 う目的も異なります。かさかさしているところに使ったり、広い範囲に塗ったりしないで、症状があるところにだけ塗って下さいね」。


◆参考
・医療用医薬品の「オイラックス」 ノバルティスファーマ
・一般用医薬品の「オイラックス」 第一三共ヘルスケア

<皮膚疾患全般>
・日本皮膚科学会 皮膚科Q&A

<蕁麻疹>
重篤副作用疾患別対応マニュアル(非ステロイド性抗炎症薬による蕁麻疹/血管浮腫)(PDF)


著者:堀美智子

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1351件)

show

2017.12.13 new 272.その成分はトリガーとなるか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.12.07 new 94.40枚規制緩和論の浅はかさ 【世塵・風塵】

2017.12.06 new 271.ポリファーマシー解消にはほど遠い実態 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.29 270.空気は点数と無関係という自信 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.22 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20273件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5732件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:12月10日~12月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月10日~12月17日

もっと見る