新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『世塵・風塵』13.人を育てる

『世塵・風塵』13.人を育てる

2011年03月15日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/03/15 09:00 icon_view 165view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 165view

戦争時の人物については抵抗感のある方も居られるかも知れませんが、連合艦隊司令長官 山本 五十六という人の名言をご存知の方も多いと思います。その功績には賛否両論ありますが、この人の残した有名な言葉があります。

「やってみて 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」
この第一節は、あまりにも有名で、まさに実務実習でも同じ意味のことが推奨されています。先ずは手本を見せて、実際に体験させて良い点から伸ばして自信をつけさせ、自発的に行動する素養をみにつけさせる。まさに今の実務実習に当てはまると思いませんか?
この名言に、第2節、3節があったのを、つい最近知りました。

「話し合い 耳を傾け承認し 任せてやらねば 人は育たず」
第2節では段々と仕事に自信を持ち、それなりの意見や主張が出てきた頃、上に立つ者として頭ごなしに否定せず、多少荒削りでもさりげなくフォローしながら、少しずつ責任ある仕事を任せ、行動の幅を広げさせるとともに責任感と、判断力の精度を高めさせていくことの必要性を説いています。

「やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず」
第3節では、自分が育てた人たちが、教えてきた内容を身につけて独り立ち出来るレベルになって来たことを喜び、「後は任せた」と言える度量を自分自身が持たずに自分を誇示するかのように干渉ばかりしていたのでは、結局人は育たないという事を説いているのでしょう。

やたら怒鳴り散らしたり、自分の自慢をしながら、力でねじ伏せようとするタイプの管理者が時々います。全てを教え、自分より優位に立たれるのを警戒して肝心な内容は教えようとしない管理者もいます。全てを余すところなく教え、どんどん実力をつけて貰うことで、様々なトラブルや失敗を回避できるだけでなく、自分自身の成長にもつながるはずなのに…残念なことです。


(次ページ)さらに、プロジェクトが上手く進まない時に・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る