新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『世塵・風塵』14.間口

『世塵・風塵』14.間口

2011年04月05日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/04/05 09:00 icon_view 337view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 337view

「石の上にも三年」「若い時の苦労は買ってでもしろ」という言葉は皆さんご存知だと思います。一人前の仕事を身につけるための心構えについて語られる言葉ですが、どうも根性論の様で、若い時には意味は解っても現実味を感じにくいものでした。
就職した配属先の上司から次の様なアドバイスを頂き、当時の私にとって現実味を以て受け止めることが出来たので、ご紹介します。

「歳をとると誰でも段々と思い切った事が出来なくなる。若いうちは、失敗を恐れずに思い切って取り組んで、自分の間口を出来るだけ大きく広げておきなさい。若いうちに間口を広げておけば、将来間口が狭まっても広げておいた分、大事な時に余裕を持って仕事が出来る。」

ほぼ自分の事だけを考えて身軽に過ごす事が出来る生活から、やがて家庭を構えて家族を持ち、守るべき対象が増えていくにつれて、段々と物事に対する慎重さが出るようになっていきます。当然ながら、仕事での責任と権限が大きくなっていくのに伴い、子供の進学をはじめ家庭や生活で確保するべきものも、段々と大きくなっていきます。大きな決断をする状況に見舞われた場合、つい腰が引けてしまいがちですが、そんな大一番の時こそ自信を持って決断・行動出来るようにするためには、それまでの蓄積がモノを言います。これが『間口』です。
ではそのためにどんな事を心がけていれば良いのか? それは、ただ単に業務をこなすだけはなく、日頃から試行錯誤や判断を求められる様々な事柄に対して「自分は関係ないから」と傍観することなく積極的に接して、Try & Error を繰り返すことだと思います。「自分ならこうする」とか「こんな手段が良いのでは」と自分なりに考え、果たしてその経過を観察しながら検証を繰り返すことで、自分の判断精度を高めておくことです。


(次ページ)常識的・道徳的な範囲の逸脱がない限りは・・・

Good7

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る