新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『世塵・風塵』17.薬剤師としての責任

『世塵・風塵』17.薬剤師としての責任

2011年07月05日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/07/05 09:00 icon_view 371view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 371view

昨年3月、厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」報告書が公表され、高度化する薬物療法と医療安全の確保の観点から、「薬剤師の新しい業務」の範囲や解釈が何処まで広げられるかの議論が活発化しています。

特に論点となるのが医師法との兼ね合いで、多くの薬剤師が患者さんに真摯に関わるほど、この境界線について悩んできました。ところが最近では「治療」か「副作用チェック」か、などといった目的を明確にすることによって、従来は出来ないと思っていた行為が可能であるという解釈も示されつつあります。

医師偏在の状況下、地域医療の充実を進めるために薬剤師の職能拡大は必要不可欠ですが、ただ待っているだけで都合の良い話が舞い込んで来る筈はありません。職能拡大のためには、それなりの行動と責任が求められます。これまでの調剤を中心とした業務から、医療チームの一員として積極的な意見提案や活動に加わっていくためには、一専門家として今まで以上に大きな責任を負う覚悟が求められます。医師の処方ミスによる過量投与について、処方医・調剤薬剤師・鑑査薬剤師の責任が同等であるという裁判例が出たことからも、社会的なコンセンサスは既にそれが当然の事であると理解されていると言えます。

この様な議論以前から、専門家として患者さんに対して必要な取り組みを積極的に行なっている代表例が、NPO法人「愛知県褥瘡ケアを考える会」の方々です。薬剤師による褥瘡ケアは医行為との区別が難しいと考えられていましたが、今では全国的な広がりを見せている事実も見逃せません。薬剤師によるバイタルサインのチェックも始まっています。

薬剤師は、単に調剤報酬の算定の範囲で行動して、算定項目に無いことはしてはいけないという自生的な発想をせず、患者利益を考えた様々な役割を提案していくことが、これから本格的に必要になってくるでしょう。

(次ページ)日常の業務で「これが出来たら・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る