新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『世塵・風塵』21.調剤過誤

『世塵・風塵』21.調剤過誤

2011年11月07日 (月) 09時00分配信 投稿日:11/11/07 09:00 icon_view 761view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 761view

日本医療機能評価機構から、平成23年上半期のヒヤリ・ハット報告集計が公表されました(http://www.yakkyoku-hiyari.jcqhc.or.jp/index.html)。昨年1年間のヒヤリ・ハット報告と傾向はほぼ同じですが、問題は平成14年に日本薬剤師会が公表した典型的な三大エラー(数量、規格・剤形、銘柄)傾向が、相変わらず続いているということです。

十年ひと昔と言われる様に、多くの業種では十年も経てば解決されるべき問題は解決し、新たな問題との取組みを繰り返しつつ進化発展する中で当時を懐かしく振り返りますが、残念ながら調剤エラーに関しては未だ実効性のある解決には至っていません。確かにヒューマンエラーに由来するものが殆どであり、設備投資もままならない中での難しさもありますが、やはり放置する訳にはいきません。

三大エラーはいずれも『子供でも見つけられる単純エラー』でありながら、一たび投薬カウンターを越えて患者さんの手に渡ってしまった後の過誤の第一発見者は患者側である例が多い傾向も見逃せません。誰の目にも単純なエラーの第一発見者の多くが薬局側ではない上に、指摘を受けるまで薬局が認識していない状況は、不信感を生み出す温床にもなり得ます。特に最近では、数量エラーが突出しています。数量以外のエラーについては現物があるので検証が容易ですが、数量に関しては薬局がしっかりと在庫管理をしていない限り、本当の過不足か投薬後の紛失かの検証が困難であることに注意が必要です。中には面倒なのかもめ事を嫌うのか、在庫の確認も服薬状況の確認も何もせずに、ただ指摘された不足数をそのまま渡してしまうという最悪の対応例も聞きます。


(次ページ)果たして本当に数量間違いで・・・


Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る