新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『世塵・風塵』33 色々な人と話そう

『世塵・風塵』33 色々な人と話そう

2012年11月13日 (火) 09時00分配信 投稿日:12/11/13 09:00 icon_view 141view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 141view

何を当たり前の事を…と思う方も多いと思いますが、最近つくづく思うことがあったので、敢えて記させて頂きます。

携帯電話を含め、メールでのやり取りが日常化するのと同時に、業界内での集まり等で、せっかく対面しながらも、お互いに気軽に話しかけて交流の輪を広げる雰囲気が薄れて来つつあるのではないかと感じます。ネット上でも気軽に知り合う環境は十分に整っているのですが、肝心な局面での信用度、信頼は果たして何処まで構築できるでしょうか。おりしも、大学生の優先順位で人間関係の順位が下がったという大学生協の調査結果が公表されました(10月23日付 毎日新聞)。

アメリカでは握手の力強さと目力が一つの信頼度にもなると聞いたことがありますが、そこまでではなくても、対面して話す時の目の合わせ方、表情、口調等は無意識のうちに信頼度を量る尺度となっていることは間違いないでしょう。ネット上では、信頼できる知人の紹介であれば何も問題はないでしょうが、いきなりのアプローチには、多くの人が警戒感を持ち、簡単には関係構築が進まない筈です。

様々な人と直接会って話す経験の中で、人との距離感や信頼性、時には危険性の判断の正確性を高めるための感覚は養われるもので、この感覚は患者さんとの応対にも活かすことが出来ます。最近は、どうもこの手順に抵抗感を持つ人が増えてしまっているのではないかと感じています。

相互の信頼の感覚が一定以上のものにならない限り、お互いに重要な情報や本音の考え方は、まず表に出てくることはありません。実際の仕事の場面で、今まで面識ある方々から貴重な情報やアドバイスを頂いて、どれだけ助かったことか。窮地に立たされるほどに、どれだけ多くの情報やアドバイスを貰える人脈を持っているかが大きな力の差になります。


(次ページ)もちろん情報やアドバイスは・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る