新着記事・レポート

カテゴリーを選択

世塵・風塵

<<前の記事へ

次の記事へ>>

99.サラリーマン薬剤師

99.サラリーマン薬剤師

2018年05月03日 (木) 07時00分配信 投稿日:18/05/03 07:00 icon_view 408view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 408view

未だに薬歴未記載の話が出ている状況は残念の極みですが、問題の大きさについての論評が意外なほど少ないと思っているのは私だけではない筈です。

論評が少ない理由として考えられるのは、

・どうせ何処でもあることだから騒ぐほどの事ではない。
・明日は我が身。
・あまりにも低次元過ぎて取るに足らない。
・これ以上騒ぎが大きくならない様にそっとしておきたい。
・自分には関係ないし。

実際のところ、本当の理由が何であるかは分かりませんが、業界の信頼が損なわれ、自浄作用が働かない状況に、今迄に無い政策判断が下されても、おかしくない状況であるのは間違いありません。

どこかの政権による一般の目から見て明らかにオカシイ問題が次々と出て巷間賑やかですが、遂にこちらの業界でも4月11日の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会で現状の薬局・薬剤師に対する問題提起が相当数挙がり、医薬分業や薬局薬剤師について、一段と厳しい検証の方向性が確定的となりました。事態は、想像以上に深刻です。

こうした状況の大きな要因として考えられるのは、急速な医薬分業の進展に伴う企業化と売り手市場による薬剤師のサラリーマン化があると思います。薬局の企業化が悪い事だとは決して言いませんが、医薬分業の急速な普及の流れで、薬剤師の職能に対する自覚や意識の醸成よりも、経済行為として組織化のスピードが遥かに速かったため、結果的に個々の薬剤師のプロ意識や自覚が不足してしまったのは間違いありません。当然ながら医薬分業を社会的に認知・定着させるためのスピード感は確かに重要ではありましたが、取り合えず走れるだけ走る中で、泥縄式に規制を設ける情況の中で道義的にはどうあれ、一般の企業戦略的には正解という展開による弊害が、ここに来て顕在化してしまったのが現状だと思います。

薬局は薬局法人による運営とすべしという提案が出されていますが、こうした流れから読み取れば、実現のためのクリアすべき要件は別として、極めて自然な発想であるとは言えます。

外的な力によって変えられてしまうか、自浄作用を発揮して、より良い業界・業態として発展して行けるか。個々の薬剤師が単なるサラリーマンではなくプロの薬剤師としての主体的な行動を執る道を進むかどうか、私たちは大きな分岐点に差し掛かっています。

この記事について/著者:菅野敦之

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1407件)

show

2018.08.20 new Part2_訪問薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20864件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(10件)

show

ブログ(5400件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る