運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』8.風邪の初期に用いる処方

『漢方歳時記』8.風邪の初期に用いる処方

2010年11月18日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/11/18 09:00 icon_view 674view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 674view

■秋にかかりやすい病気と処方


秋は五行説の「金」、五臓腑の「肺」「大腸」に相当します。この時期に気をつけたい風邪の初期症状と、食材に関係する痔疾について、代表的な処方を交えて紹介します。

今年のように10月初旬まで厳しい残暑が続いたあと、朝晩冷え込みが続くと、全身の毛穴が閉じ、皮膚呼吸しにくくなるため、鼻や気管支への負担が急増します。また、乾燥した空気(五悪)が、鼻やのどの粘膜を刺激し、「肺」系統の炎症が起こりやすくなります。

  表1


■風邪の初期に用いる処方


後漢の時代、張仲景の著した『傷寒論』では、風邪の初期症状を太陽病、少陰病に大別し、さらに太陽病を、3種類に分類しています。

太陽病
(1)中風(ちゅうふう):発熱し、汗が出て、悪風し、脈緩(かん)のもの
(2)傷寒:発熱し或はまだ発熱しなくても、必ず悪寒し、体痛み、嘔逆し、脈緊(きん)のもの
(3)温病(うんびょう):発熱し、のどが渇き、悪寒のないもの
少陰病:脈微細にして、ただ寐(いね)んと欲するなり

はじめに悪風・悪寒(さむけ)、頭痛、発熱し、汗が出る場合は「桂枝湯」、汗が出ず、肩などが凝る場合は「葛根湯」を服用します。寒気がなく、発熱し、のどが渇く場合は、温病として「銀翹散(ぎんぎょうさん)」「桑菊飲(そうぎくいん)」を用います。

『傷寒論』は、急性熱性病について書かれた書物であり、時系列にそって進行する病状と、その治療法について記しています。初期の風邪を診断することはもちろん、複雑な諸症状を捉えて、最適な処方を選び出すために、漢方を学ぶ上では必読の書です。

表2




(次のページ)銀翹散の処方解説・・・

 

Good10

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る