新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』10.血圧異常

『漢方歳時記』10.血圧異常

2011年01月25日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/01/25 09:00 icon_view 490view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 490view

■血圧異常に用いる漢方薬


年が改まり、いよいよ寒さも本格的になってきました。この時期、もっとも気をつけたいのが脳血管系・循環器系疾患です。

脳梗塞や脳出血などの大半は12月から2月に集中し、特に4,5日ほど冷え込みが続いた後に、多くなります。浴室やトイレなど温度差のある室内のほか、過度のストレスや疲労、睡眠不足、暴飲・暴食などの要因が加わると、リスクはさらに増加します。予防のためには生活を節制し、室温が極端に変わらないよう気を配ることが大切です。

また冷え性、貧血、低血圧などの症状も悪化しやすく、女性にとってつらい季節でもあります。
 

■高血圧の体質による分類と処方


漢方では、高血圧症について気・血・水の3つの体質に分けて考えます。

「気」はストレス型といえます。些細な出来事が起こるたびにショックを受け、血圧の変動につながりやすい「過敏型」と、ストレスを抱えこんでしまうと、なかなか発散することができない「溜めこみ型」の二つに分けられます。後者は血圧が下がりにくく、しばしば不眠、動悸、イライラ、不安などの精神症状を伴います。処方では、どちらの場合にも柴胡加竜骨牡蛎湯や、桂枝加竜骨牡蛎湯など、竜骨や牡蛎の配合されたものを主に用います。

「血」の場合は「本態性高血圧症」と診断されるものです。瘀血証で、頭痛、肩こり、目の充血、のぼせなどの症状を呈し、これに便秘が加わるとさらに悪化します。この場合、瀉心湯、黄連解毒湯、桃核承気湯、防風通聖散など、駆瘀血と清熱を兼ねた処方を用いるとよいでしょう。

「水」は 「腎性高血圧」と診断され、腎機能の異常から起こるために、むしろ腎機能の調整を主眼とするタイプです。五苓散や八味丸、小青竜湯、当帰芍薬散などがよく用いられます。


(次ページ)■血圧異常の処方解説・・・

Good7

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る