運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』11.花粉症に用いる漢方薬(後編)

『漢方歳時記』11.花粉症に用いる漢方薬(後編)

2011年02月15日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/02/15 09:00 icon_view 519view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 519view

11.花粉症に用いる漢方薬(前編)に引き続きます。


3.咽喉
花粉症はノドにも症状をあらわします。痛みはなくても、なんとなくノドに違和感があり、ノドが気になって咳払いをしたくなるような感じがする場合は、ノドの粘膜が炎症をおこす初期段階です。このまま炎症が進みますと、ノドの痛み、咳・痰、声枯れといったノド特有のいろいろな症状が出てきます。


3-1)痒み、ノドの違和感
咽喉のかゆみと違和感は、痛みの前駆症状です。手でポリポリとかけたらどんなに気持ちいいだろう、という掻痒感には小柴胡湯を飲むか、小柴胡湯と白虎加人参湯の合方がよいでしょう。小柴胡湯には煩悶感(咽喉から胸にかけてのモャモャと気持ち悪い症状)をスッキリさせる作用があります。

腫れてもいないのに咽喉に異物がひっかかり、飲み込むことも吐き出すこともできないという症状( 梅核気(ばいかくき)、ヒステリー球)には、半夏厚朴湯が奏功します。小柴胡湯との合方である柴朴湯もよく用います。


3-2)痛み
ノドの痒みや違和感が進行すると、痛みを自覚するようになります。唾を飲む時に痛むものから、常にヒリヒリと感じる痛み、痛みと共に乾いてペッタリと張りつくような症状まで、さまざまな炎症の状態があります。これらはまず駆風解毒湯(くふうげどくとう)によって取り除きます。咽喉の乾燥感を伴う場合は、麦門冬湯や竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)を併用して乾燥を鎮めます。


(次ページ)咳・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 new 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る