新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

12.ひな祭り|漢方歳時記

12.ひな祭り|漢方歳時記

2011年03月09日 (水) 09時00分配信 投稿日:11/03/09 09:00 icon_view 297view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 297view

最終回の今回は、ひな祭りについてお話します。

ひな祭りは、3月3日に、女の子のいる家で、雛人形やその調度類をかざり、白酒・菱餅・桃の花などを供えてまつる行事で、男の子の、5月5日の「端午の節句」に対して、女の子の幸福を祈るために行われるものです。

お雛様は、昔からおおはらえの神事に使われた草人形が元になっています。本来、茅や葦で等身大に作られたようですが、それがだんだん小さくなり、紙や布製となり、魔除けのために川に流されるようになりました。これが「流し雛」です。

平安時代には「立ち雛」でしたが、室町時代に「すわり雛」となり、近世中期以後に今日のような雛人形が作られるようになりました。この頃には、人形の呪術性も薄れ、造作も高級化され、女性や子供の姿形に変化していったのです。

ひな祭りは、「桃の節句」或いは「上巳じょうしの節句」ともいいます。
節句とは、元々季節の定まった日に神を迎え、神様と共に食事をすることでした。一般に、11月を除く奇数月の、月と日が重なる日をいいます。奇数は、陰陽論では「陽」ですから、陽が重なることで、いっそう喜ばれることになりました。
上巳の節句は、紀元前中国で、3月の最初の「」の日に水辺でみそぎをし、酒宴をはったのが始まりです。後に日の重なりを重んじるようになったので3月3日になりました。


桃の効用
image

桃は、中国でも日本でも古くから魔除けとして、また長寿祈願のよりしろとして尊ばれてきました。漢方薬としても婦人病には欠かせない生薬です。
種子が「桃仁」で、浅田宗伯の『古方薬議』に、「味苦平。オ血、血閉カを主り、咳逆上気、疼痛を止め、大便を通潤す」とあるように、オ血を除き、血行を促進する、止痛、腸の津液しんえきを潤し、便通をなめらかにするなどの効用があります。

桃仁は、主に駆オ血作用と潤腸作用を目標として運用します。

1.駆オ血作用:
体内のオ血解消をはかり、月経不順・月経痛・痔・鼻出血・打撲・卒中後遺症を治す。

2.潤腸・通便作用:
乾燥性の便秘に対し、桃仁の油成分で腸を潤滑し、通便をはかる。

以上のことから、無月経、オ血による発熱・腫痛、関節リウマチ痛、マラリア、打撲傷、乾燥性便秘などに応用され、桂枝茯苓丸、折衝飲せっしょういん疎経活血湯そけいかっけつとう、大黄牡丹皮湯、桃核承気湯などに配合されています。

桃の葉は、入浴剤として用いると、あせも・湿疹・かぶれ・虫刺されなどの皮膚病一般に効果があります。昔から赤ちゃんのあせもなどには効果的と言われており、肌の荒れを抑えます。繊細な女性の肌には最適です。
桃の葉を乾燥させ、100g程をそのまま布に包んでお風呂に入れるか、または煎じた液を入れます。


桃仁とよく似た形をしている生薬に「杏仁」があります。
『古方薬議』に、「気を下し肌を解し、結を散じ、燥を潤し、咳逆上気を主り、狗毒くどくをころす」とあり、去痰し止咳する、喘息発作を治める、腸を潤滑し便通をはかる等の効用があります。


桃仁と杏仁の違いを表にまとめました。

  桃仁 杏仁
選品 脂質が高く、表皮の皺が明瞭でない。
外形がやや楕円形
脂質が低く表皮に皺がある。
外形は横幅が広く、やや
ハートのように片方がすぼまった形
効用 オ血を除き、血行を促進する、
腸の津液を潤し、便通をなめらかにする
去痰し止咳する、喘息発作を治める、
腸を潤滑し便通をはかる
主治 無月経、チョウカ、オ血による発熱・腫痛、
関節リウマチ痛、マラリア、打撲傷、乾燥性便秘
感冒による咳嗽、喘息による胸部膨満感、
喉痺、乾燥性便秘
運用の ポイント 駆オ血作用 潤腸・通便作用 鎮咳・去痰作用 潤腸・通便作用


<参考文献>

浅田宗伯(木村長久校訓):古方薬議・続録(復刻第2版)、春陽堂書店、平成3年
漢方210処方生薬解説、じほう、平成13年.
根本幸夫、根井養智:陰陽五行説-その発生と展開、薬業時報社、1991.
日本国語大辞典、小学館、1972.



著者:小松一



【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る