運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』15.経絡と経穴

『漢方歳時記』15.経絡と経穴

2012年01月12日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/01/12 09:00 icon_view 242view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 242view

横浜薬科大学漢方薬学科には、漢方に関する講義科目が多数あり、中でも「鍼灸入門」は特徴的な科目といえます。中国の伝統的な理論の一つに「帰経(きけい)」学説があります。各生薬は、臓器・経絡(けいらく)へ特異的に帰属し、薬効を発揮するというものです。漢方と鍼灸は密接に関わっており、鍼灸の基礎である十二経脈を知ることは、漢方薬を扱う上で重要な知識となります。今回はまず経脈、経穴についてお話しします。

経絡と経穴

経穴(けいけつ)は一般に「ツボ」といわれ、経絡の重要な中継点であり、気の出入りする場所です。その経穴が道筋となり繋がったものを、経絡(けいらくといいます。体内を気血が循行するルートのことです。

経絡系統図

図1



経絡は、経脈(けいみゃく)絡脈(らくみゃく)に分かれ、経脈は、縦のラインで幹線と言うべき主要な経路、絡脈は、横のラインで支線となり、枝分かれしたものです。一般的な経絡とは、経脈の中で、手足の三陰三陽の脈(正経十二脈(せいけいじゅうにみゃく))に、奇経八脈(きけいはちみゃく)任脈(にんみゃく)督脈(とくみゃく)を加えた十四経(じゅうしけい)の事を指します。

図2


(次ページ)経脈の流注・・・


Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る