新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

16.国試解説(前編)

16.国試解説(前編)

2012年05月14日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/05/14 09:00 icon_view 746view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 746view

今年3月、6年制薬学部になってから初めての薬剤師国家試験が行われました。今回は、この第97回国家試験で出題された、漢方の問題について検証します。

今回出題された処方は、次の3つです。
問214‐215 麻黄湯、小青竜湯
問307 葛根湯
麻黄、甘草を含む処方で『傷寒論』や『金匱要略』に記載されており、いずれも使用頻度の高いものです。これら3処方の使用法、使用上の注意、配合される麻黄と甘草の副作用を確認する問題となっています。


問214‐215
医師から、感冒の患者に麻黄湯、小青竜湯を処方する際にどのような点に注意すべきか確認したい旨の問い合わせがあった。

問214 医師に伝えるべき注意点として、正しいのはどれか。2つ選べ。
1 下痢、軟便のある患者の場合、症状を悪化させることがある。
2 モノアミン酸化酵素阻害剤やカテコールアミン製剤との併用により、神経刺激作用が増強され、不眠や発汗過多になることがある。
3 炎症性疾患の患者では症状を悪化させることがある。
4 肝硬変又は肝癌の患者には使用禁忌である。
5 ループ系利尿薬やチアジド系利尿薬との併用により、低K+血症が増強されることがある。


(次ページ)解説・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19816件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る