新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

17.麻黄|漢方歳時記

17.麻黄|漢方歳時記

2012年07月05日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/07/05 09:00 icon_view 528view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 528view

前回に引き続き、国家試験に出題された麻黄湯、小青竜湯、葛根湯の3処方に配合されている生薬の一つ、「麻黄」について解説します。
 

photo1 photo2

  (横浜薬科大学薬用植物園にて)


麻黄は、「発汗解表薬(はっかんげひょうやく)」に分類される代表的な生薬です。
発汗解表薬は、体表部にある「邪」を発汗によって排除します。使用の際は、(1) 悪寒、発熱、頭痛等の表証がある (2) 腰から上に腫れがあり、発汗させる必要がある (3) 皮膚深部の斑疹を起こす病邪を表部に押し出し、発散させる (4) 風湿による疼痛などが指標となります。
原則として、多汗、頻尿、下痢、慢性の化膿性疾患、出血性疾患など、(しん)(えき)が不足した状態には用いません。
 

表1 代表的な発汗解表薬

image3


古典における効能

性味は辛苦・温で、肺経(はいけい)膀胱経(ぼうこうけい)に帰属します。
尾台榕堂(おだいようどう)は『重校薬徴(じゅうこうやくちょう)』において「発作性の咳などによる体液の循環異常を主る。全身の黄疸によるむくみ、寒け、発熱時の汗の出ない状態を治療する。また頭痛、発熱、身体の疼痛、骨や関節の疼痛も治療できる」と述べています。
浅田宗伯(あさだそうはく)は『古方薬議(こほうやくぎ)』で「体表部の熱を発汗させて除き、発作性の激しい咳を止め、寒けや発熱を除く。急性熱性病治療の第一の薬」であるとしています。
長沢道寿(ながさわどうじゅ)の『増補能毒(ぞうほのうどく)』には、副作用として「腹中が虚して皮膚の衰えた人には甚だ宜しくない。正傷寒でなければ使えぬ」と記されています。
 

主な作用

1.発汗解表作用
感冒初期の薬として麻黄湯や大青竜湯に配合され、発汗力が強いため、汗の出ない発熱・悪寒・関節痛を伴う感冒、頭痛等に用いられます。直中の少陰(じきちゅうのしょういん)による感冒には、附子や細辛を配合して、麻黄附子細辛湯として用いられます。

2.鎮咳・鎮喘作用
強い鎮咳去痰作用があるので、止咳・止喘、鼻炎等を目標として麻杏甘石湯や小青竜湯に配合されて用いられます。

3.利水・消腫作用
利水作用が強く、実証の水腫・浮腫・関節水腫の治療薬として用いられます。麻杏ヨク甘湯や越婢加朮湯に配合されます。リウマチ、神経痛、風疹の治療にも応用されます。


使用上の注意

感冒等に発汗剤を使用する場合は、じわりと汗がにじむ程度に用い、流れるような大量の汗をかかせないようにします。
また、麻黄を含む処方を服用すると食欲が減退する事があります。その副作用をダイエットに利用する場合がありますが、虚証の人には不向きであり健康を害する恐れがあるため、注意が必要です。


麻黄と生薬との組み合わせ

代表的な生薬との配合による作用と処方を表2にまとめます。

表2

image4


<参考書>
傷寒雑病論(二訂版)、東洋学術出版社、1990年.
尾台榕堂:類聚方広義(第三版)、燎原書店、1988年.
浅田宗伯(木村長久):和訓古方薬議、春陽堂書店、1982年.
長沢道寿:増補能毒、自然社、昭和1984年.
漢方210処方生薬解説、じほう、2001年.
傷寒・金匱薬物事典、万来舎、2006年.
漢方医療薬学の基礎、廣川書店、2010年.


著者:小松一




【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5652件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る