新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』19.八味丸(はちみがん)

『漢方歳時記』19.八味丸(はちみがん)

2012年08月30日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/08/30 09:00 icon_view 335view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 335view

近年、糖尿病、肥満、脳卒中、心臓病、高血圧などの生活習慣病が社会的な問題になっています。今回は、糖尿病に良く用いられる、八味丸について解説します。

糖尿病は主にI型、II型に分類されますが、日本では、II型が一般的です。食事や運動など、生活習慣が関係している場合が多く、小児期や青年期でも発症しますが、通常は30歳以上、特に中年以降に多くなります。

一般的な要因は、過食、運動不足、ストレスなど偏った生活習慣が積み重なり、もともとある遺伝体質に、脂肪肝やメタボリックシンドロームが加わった結果、 インスリンの抵抗性が増し、血糖調節機能や糖代謝が悪くなるため、高血糖になります。糖尿病では、合併症に留意しなければなりません。合併症は、重篤なものが多く、生命の危険を脅かされる場合があるので、生活習慣を早期に改善する必要があります。
 

糖尿病の症状

image

初期には自覚症状がほとんどありませんが、次第に口渇、多飲、多尿、疲れやすい、体重の減少、足がつるなどの症状が現れるようになります。

黄帝内経(こうていだいきょう)素問(そもん)』に、糖尿病は「消渇(しょうかち)」として記載されています。日本では、古来より『傷寒論』、『金匱要略』の立場から、その進行状況を見極め、処方を選んでいます。

八味丸は、糖尿病の晩期に頻尿で尿量が多く、夜間排尿が多い、手足がほてる、足腰が重だるく、時に鈍痛を伴うなど、腎虚の状態によく用いられます。


(次ページ)八味丸の呼称は・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る