新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

19.八味丸(はちみがん)|漢方歳時記

19.八味丸(はちみがん)|漢方歳時記

2012年08月30日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/08/30 09:00 icon_view 340view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 340view

近年、糖尿病、肥満、脳卒中、心臓病、高血圧などの生活習慣病が社会的な問題になっています。今回は、糖尿病に良く用いられる、八味丸について解説します。

糖尿病は主にI型、II型に分類されますが、日本では、II型が一般的です。食事や運動など、生活習慣が関係している場合が多く、小児期や青年期でも発症しますが、通常は30歳以上、特に中年以降に多くなります。

一般的な要因は、過食、運動不足、ストレスなど偏った生活習慣が積み重なり、もともとある遺伝体質に、脂肪肝やメタボリックシンドロームが加わった結果、 インスリンの抵抗性が増し、血糖調節機能や糖代謝が悪くなるため、高血糖になります。糖尿病では、合併症に留意しなければなりません。合併症は、重篤なものが多く、生命の危険を脅かされる場合があるので、生活習慣を早期に改善する必要があります。
 

糖尿病の症状

 
image1


初期には自覚症状がほとんどありませんが、次第に口渇、多飲、多尿、疲れやすい、体重の減少、足がつるなどの症状が現れるようになります。

黄帝内経(こうていだいきょう)素問(そもん)』に、糖尿病は「消渇(しょうかち)」として記載されています。日本では、古来より『傷寒論』、『金匱要略』の立場から、その進行状況を見極め、処方を選んでいます。

八味丸は、糖尿病の晩期に頻尿で尿量が多く、夜間排尿が多い、手足がほてる、足腰が重だるく、時に鈍痛を伴うなど、腎虚の状態によく用いられます。

八味丸の呼称は、処方中の構成生薬の数に由来します。配合されている生薬、薬味の数を数える場合、一味(いちみ)、二味、・・・と数えます。したがって八味丸には、8種類の生薬が配合されている事が分かります。

image2

また、八味丸は『金匱要略』記載の処方ですが、異名が多く、八味地黄丸、腎気丸(じんきがん)、八味腎気丸、崔氏腎気丸、金匱腎気丸ともよばれます。

八味丸に牛膝(ごしつ)車前子(しゃぜんし)を加味したものが、牛車(ごしゃ)腎気丸(じんきがん)で、八味丸から桂枝と附子を減じたものが六味丸です。六味丸に知母と黄柏を加味すると知柏八味丸、枸杞子と菊花を加味すれば杞菊地黄丸となります。


古典解説

『方極』に「臍下不仁(せいかふじん)、小便不利の者を治す」とあります。臍下の感覚が鈍くなり、小便の出が悪い者を治療するという意味です。

原典の『金匱要略』においては、「『崔氏』八味丸、脚気上入し、小腹不仁す」(中風歴節病篇)、「虚労腰痛、少腹拘急、小便不利する者、八味腎気丸之を主る」(血痺虚労篇)、「それ短気して微飲有るは、まさに小便より之を去るべし。苓桂朮甘湯之を主る。腎気丸もまた之を主る」(痰飲咳嗽篇)、「男子消渇、小便反って多く、一斗を飲むを以って、小便一斗するは、腎気丸之を主る」(消渇小便利淋病篇)、「・・・婦人病、飲食故の如く、煩熱して臥することを得ず、反って倚息(いそく)する者、・・・但小便利すれば則ち愈ゆ。腎気丸に宜し、之を主る」(婦人雑病篇)との記載があります。

意訳すると、腹証は、臍下不仁というように、特に下腹部(関元穴付近)が軟弱でペコペコしている。疲れやすくて、腰が痛み、下腹部は引きつれ、小便の出が 悪い。息切れしたりむくみがある。あるいは、のどが渇いて小便頻数の者。飲食は普遍であるが、手足がほてって眠れず、息切れする。などの症状には八味丸が適応する。ということになります。なお、脈証は、弱いか、またはかえって堅い場合もあります。

以上の条文にしたがって、糖尿病のほか、腰痛、慢性腎炎、インポテンツ、高血圧、白内障などに応用されます。


<参考文献>
漢方薬膳学、横浜薬科大学編、万来舎、2012年.
やさしい漢方入門、総合漢方研究会編、健友館、1995年.
傷寒雑病論(二訂版)、東洋学術出版社、1990年.
尾台榕堂:類聚方広義(第三版)、燎原書店、1988年.
漢方210処方生薬解説、じほう、2001年.
傷寒・金匱薬物事典、万来舎、2006年.
漢方医療薬学の基礎、廣川書店、2010年.
根本幸夫:漢方春夏秋冬、薬局新聞社、1995年.
龍野一雄:漢方入門講座、中国漢方、昭和57年.



著者:小松一





【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20050件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5678件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月12日~10月19日

もっと見る