運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』20.菊の節句

『漢方歳時記』20.菊の節句

2012年09月27日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/09/27 09:00 icon_view 104view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 104view

9月9日は、五節句(節供)のひとつ「重陽の節句」で、「菊の節句」ともいわれます。五節句とは一般に1月1日(正月)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)をいいます。このように、月と日の数が重なることを「重日」といい、特に奇数が重なる場合は、陽が重なる(重陽)ため大変喜ばれます。中でも9月9日は、奇数の最大値の9が重なるため、特別に「重陽の節句」といわれます。この日は、宮中では5月5日に柱にかけられた薬玉が、魔除けと不老長寿の効があると言われている茱萸と菊を入れた茱萸嚢に代える日でもありました。
また、菊の節句と呼ばれるのは、この季節が菊の盛んな時期と重なることもありますが、「中国河南省の菊水は、山中の菊の露がしみこんでいて、この水で造った酒をのむと不老長寿になる」という菊花信仰によります。

画像


*)節句とは、もともと季節の定まった日に神を迎え、神と供に食事すること(直会)でした。中国が起源ですが、日本でも奈良時代にはすでに行われていたようです。これらの日には禊や魔除け、長寿を願う行事が付き物であり、今はあまり行われなくなりましたが、7月7日の素麺や9月9日の菊酒は、魔除けと長寿祈願とを兼ねていました。


(次ページ)菊花・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る