新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』21.十全大補湯

『漢方歳時記』21.十全大補湯

2012年10月25日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/10/25 09:00 icon_view 261view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 261view

今回は、十全大補湯について解説します。

十全大補湯は、現在頻用される処方の一つです。「十全」とは、1.欠点がないこと。完全であること、またそのさま。万全。2.全く危険がないこと。最も安全なこと、またそのさま。という2つの意味があり、随筆・孔雀楼筆記に「脾胃弱き人は、損じたる物を食へば病を生ず。即座に拝味せば十全なるぞ」と、『日本国語大辞典』に記載されています。

本方は、婦人の聖薬といわれる四物湯(川キュウ・地黄・当帰・芍薬)と、四君子湯(人参・茯苓・白朮・甘草)の合方である「八珍湯」に桂皮と黄耆を加味したもので、この「十味が全うして、よく虚を補う」ことから名付けられました。また、「気血陰陽、表裏内外共に補わないものはなく、十全の効能がある」からともいわれています。

浅田宗伯の『勿誤薬室方函口訣』には、「此の方、局方の主治によれば、気血虚すと云うが八珍湯の目的にて、と云うが黄耆肉桂の目的なり。又、下元気衰うと云うも肉桂の目的なり。又、薛立齋の主治によれば、黄耆を用いるは人参に力を合わせて自汗盗汗を止め、表気を固むるの意なり。肉桂を用いるは、参耆に力を合わせて遺精白濁或いは大便滑泄、小便短少或いは頻数なるを治す。又、九味の薬を引導してそれぞれの病処に達するの意なり。いずれも此の意を合点して諸病に運用すべし」とあり、黄耆と桂皮の作用をよくあらわしています。

図


(次ページ)十全大補湯の主治として・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る