新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』22.瞿麦

『漢方歳時記』22.瞿麦

2012年11月29日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/11/29 09:00 icon_view 187view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 187view

数字の「11」から連想するものとしては、やはり今夏のオリンピックで男女ともに頑張ったサッカー。特に銀メダルを獲得した「なでしこジャパン」はワールドカップでも優勝するなど素晴らしい活躍でした。そこで、今回は日本女子の代名詞「なでしこ(撫子)」を取り上げます。

image
横浜薬科大学薬用植物園にて(2011.10.21)

ナデシコは、山上憶良が万葉集に「萩の花 尾花(ススキ) 葛花 瞿麦の花(なでしこ) 姫部志(おみなえし)また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花(ききょう)」と詠んだ秋の七草の一つで、各地の山野や河原に生えるナデシコ科の多年草です。
花が小さく、色も愛すべきものであるところから、愛児に擬して「撫でし子」といわれたことが語源となっています。
『神農本草経』の中品に収載されており、生薬名を瞿麦(くばく)といい、エゾカワラナデシコ(Dianthus superbus L.)またはセキチク(D.chinensis L.)の全草を乾燥したものです。日本では、主に種子を「瞿麦子」として使用します。
瞿麦(くばく)には、清熱して利水する、あるいは駆オ血して月経を通じるといった効能があり、小便が出にくい・水腫・無月経・化膿性の腫れもの・目の充血・風邪などによる急性湿疹等に用いられます。
民間薬として、尿の出しぶる症状に用います。種子10gほどを1日量として煎じるか、あるいは根、葉、茎を陰干しにしたものを煎じて飲むと尿の出がよくなります。


(次ページ)古典における瞿麦・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る