新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』24.初夏の漢方

『漢方歳時記』24.初夏の漢方

2013年04月23日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/04/23 09:00 icon_view 278view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 278view

■初夏の漢方


横浜薬科大学では、4月3日に入学式が挙行され、今年もたくさんの学生が入学してきました。また3月に送り出した2期目の卒業生も社会人として働き始めました。それぞれ新しい環境で頑張っていることと思います。

さて、その新生活から1ヶ月、ゴールデンウィークになりますと、季節は春から夏に変わり、風も暖かく、大変すごしやすい季節となります。今年は、5月5日のこどもの日が立夏で、夏の始まりとなります。

画像1

さて新年度で1ヶ月続いた緊張感のある生活が、季節感と相俟って4月末からのゴールデンウィークで一気に緩んでしまいます。
精神的な緊張状態から開放され、連休明けから再び新しい環境に適応しなければならなくなったももの、どうしていいのかわからなくなって憂鬱になる。これが「五月病」です。 最近では、若い人のみならず、40代や60代でも見られる様になりました。

女性の40代は、俗に更年期と言われる時期で、精神が不安定な時です。60代では男性の定年退職後に鬱になるケースが増加しています。長年、一心不乱に働いてきて、急に次の日から会社に行く必要がなくなったものの、特に没頭できる趣味もなく、目的を失ってしまい、ただ漠然と何をしていいかわからなくなってしまう様な場合に起こりやすいようです。
このような精神疾患に対する漢方処方として、半夏厚朴湯、加味逍遥散、苓桂朮甘湯、苓桂甘棗湯などが用いられます。
 

(次ページ)半夏厚朴湯は、『金匱要略』婦人雑病篇に・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る