運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』25.梅雨時の漢方

『漢方歳時記』25.梅雨時の漢方

2013年05月28日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/05/28 09:00 icon_view 433view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 433view

■梅雨時の漢方


5月末から6月始めにかけては、梅雨の走りの時期になります。冷たい雨と日々の寒暖差により、寝違いや腰痛がおこりやすくなります。この場合、まず葛根湯や麻黄湯で発汗させ、筋肉の緊張を緩和させるのがよいでしょう。冷えを伴う場合は、附子を加味します。

6月中旬以降は、本格的な梅雨の季節となり、湿度も高く蒸し暑くなります。湿邪(しつじゃ)(体調に影響を与える湿気など)はまず皮膚に影響が出ます。従って、ジュクジュクした様な湿性の皮膚病や水虫は悪化します。 体表の湿邪は発汗させるか、利尿によって取り除きます。発汗させる場合は前述の桂枝湯や葛根湯を用い、利尿による場合は越婢加朮湯、桂枝加黄耆湯、防已黄耆湯などが適応となります。

越婢加朮湯は、『金匱要略』水気病篇に、「裏水は、一身面目洪腫し、其の脈沈、小便不利、故に水を病ましむ。もし小便自利するは、此れ津液を亡す。故に渇せしむなり。越婢加朮湯之を主る」とあり、湿性の皮膚疾患に用います。ただし、分泌物が透明のものに使用し、膿状の場合には他の処方とします。
 

画像1

 

(次ページ)また、湿邪の影響を最も受けやすいのは・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る