新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

31.風邪対策(2)|漢方歳時記

31.風邪対策(2)|漢方歳時記

2013年11月19日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/11/19 09:00 icon_view 369view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 369view

先月に引き続き、秋の風邪に用いる処方を解説します。
おそらく、漢方薬の中で最も有名な処方が「葛根湯」ではないでしょうか。葛根湯は桂枝湯葛根を加味した桂枝加葛根湯に、さらに麻黄を加味した処方です。
桂枝湯と桂枝加葛根湯は、風邪の初期で汗の出る場合に用いますが、麻黄が加わると発汗作用が増強されるので、汗の出ない者に用います。
 

 

葛根湯

葛根湯は、『傷寒論』の太陽病篇に「太陽病、項背強ばること几几、汗無く、悪風する者、葛根湯之を主る」とあり、風邪の初期で頭痛、発熱、悪寒がして首や肩がこり、汗が出ない者に用います。また「太陽と陽明の合病は、必ず自下利す。葛根湯之を主る」とあり、太陽病の病勢が強くて、胃腸系への影響が大きく、下痢をする者にも用います。
太陽と陽明の合病で下痢せず嘔吐する場合、あるいは葛根湯を服して食欲が減退する場合は、半夏を加えて葛根加半夏湯とします。

葛根湯は、感冒のほかにも種々の症状に応用されます。

『金匱要略』痙湿暍病(けいしつえつびょう)篇には、「太陽病、汗無くして小便反って少なく、気上って胸を衝き、口噤(こうきん)語るを得ざるは、剛痙(ごうけい)()さんと欲す。葛根湯之を主る」とあり、太陽病で、発汗せず小便の出が悪くて、上衝があり、歯を食いしばって震えるような場合に服用指示があります。

また、『類聚方広義』には、「此の方、項背強急を治するなり。故に能く驚癎(きょうかん)、破傷風、産後の感冒、卒痙、痘瘡の初期等、角弓反張、上竄(じょうさん)搐搦(ちくじゃく)、身体強直する者を治す」とあり、小児のひきつけや脳膜炎、破傷風、産褥熱、にわかに来る痙攣、痘瘡などの初期で、背中が弓のように反って、ひきつれて痛んだり、身体が強直する者に応用されます。

このほか、慢性の頭痛、肩こり、むち打ち症、皮膚病や蓄膿症などにも用いられます。


葛根湯の加味方

葛根湯加川きゅう辛夷は、葛根湯に川きゅうと辛夷を加味した処方で、蓄膿症、鼻づまり、特に濃い鼻水がよく出る場合には急性・慢性を問わず頻用されます。頭痛、発熱、肩こりを伴う場合にも有効です。

葛根加朮附湯は、『類聚方広義』に、「発斑の症、発する毎に悪寒、発熱、腹痛する者、及び風疹、血疹、そう痒甚だしき者を治す」とあり、蕁麻疹のような発疹が出るたびに悪寒や発熱があって腹が痛んだり、風疹、出血性の発疹でかゆみがひどいものを治療します。また「便毒、速やかに膿を醸すは佳と為す。加朮附湯に宜し」、「鼻淵(びえん)脳漏(のうろう)鼻齆(びおう)鼻中(びちゅう) 息肉(そくにく)等、臭膿滴瀝、或は濁涕止まず、臭香を聞かざる者、皆頭中の鬱毒、淤液の致す所なり。脳漏尤も悪症。早くに之を制すこと為さざれば、或は不起に至る。加朮附湯に宜し」とあり、蓄膿症や慢性鼻炎、或はその重症のもの、膿汁が出る、臭いがわからないものに応用されます。


<参考文献>
根本幸夫:漢方春夏秋冬、薬局新聞社、1995年.
やさしい漢方ハンドブック、総合漢方研究会編、平成14年.
宋版傷寒雑病論(二訂版)、東洋学術出版社、1990年.
尾台榕堂:類聚方広義(第三版)、燎原書店、1988年.
やさしい漢方入門、総合漢方研究会編、健友館、1995年.
矢数道明:臨床応用漢方処方解説、創元社、1997.


この記事について/著者:小松一



【関連記事】
・「風邪の初期に用いる処方」漢方歳時記
はじめに悪風・悪寒(さむけ)、頭痛、発熱し、汗が出る場合は「桂枝湯」、汗が出ず…
・「風邪対策(1)」漢方歳時記
風邪の初期で、寒気があり、頭痛、発熱して汗が出る場合は「桂枝湯」を用います…
・「風邪対策(3)」漢方歳時記
今回は、さらに風邪が長引いたときに用いられる小柴胡湯について説明します…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
風邪薬の散剤の分包方法について教えて下さい!
授乳中の女性に、フスコデ、クラリス、カロナール、ムコダインは、問題ない?
病院で抗がん剤治療など受けている患者様に「市販の風邪薬は飲んで良いか?」と聞かれ…
糖尿病の持病をもつ方の風邪薬、どのように選びますか?

 

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る