新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』32.風邪対策(3)

『漢方歳時記』32.風邪対策(3)

2013年12月24日 (火) 08時00分配信 投稿日:13/12/24 08:00 icon_view 298view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 298view

これまでに風邪の初期には、桂枝湯や葛根湯、銀翹散などがよく用いられることを説明しました。今回は、さらに風邪が長引いたときに用いられる小柴胡湯について説明します。

風邪をひいて数日、熱は下がったものの微熱があって、ぐずぐずする状態になると、食欲は減退し、口が苦くなり、のどが乾き、めまいがしたりするようになります。舌は白苔となり、鼻水が水っぽい透明なものから色のついた粘っこいものへと変化してきます。この時期を太陽病に対して少陽病といい、用いられる代表的な処方が小柴胡湯です。

小柴胡湯
『傷寒論』太陽病篇に、「傷寒五六日、中風、往来寒熱、胸脇苦満、嘿嘿(もくもく)として飲食を欲せず、心煩喜嘔、或は胸中煩して嘔せず、或は渇し、或は腹中痛み、或は胸下痞硬し、或は心下悸し、小便不利、或は渇せず、身に微熱有り、或は欬(がい)する者、小柴胡湯之を主る」とあります。この条文の中で、1.往来寒熱、2.胸脇苦満、3.嘿嘿として飲食を欲せず(食欲不振)、4.心煩喜嘔、の4つは小柴胡湯の正証といわれ、どれか一つ該当すればこの方を用いてよいと言われています。

<近世漢方医学書集成・腹証奇覧、名著出版より>


また、「病を得て六七日、脈遅浮弱、悪風寒、手足温、医二三之を下し、食すること能わずして脇下満痛し、面目及び身黄、頸項強ばり、小便難の者、柴胡湯を与う。後必ず下重す」、「傷寒四五日、身熱、悪風、頸項強ばり、胸下満、手足温にして渇する者、小柴胡湯之を主る」、「傷寒、陽脈しょく、陰脈弦、法まさに腹中急痛すべし。先ず小建中湯を与う。差えざる者、小柴胡湯之を主る」、「婦人中風、七八日、続いて寒熱を得て、発作時に有り、経水適断つ者、此れ熱血室に入ると為す。其の血必ず結す。故に瘧状の如く、発作時に有らしむ。小柴胡湯之を主る」とあります。
陽明病篇には、「陽明病、潮熱を発し、大便溏、小便自ら可、胸脇満去らざる者、小柴胡湯を与う」、「陽明病、脇下鞕満(きょうかこうまん)、大便せずして嘔し、舌上白苔の者、小柴胡湯を与うべし」 

少陽病篇には、「本太陽病解せず、少陽に転入する者、脇下鞕満(きょうかこうまん)、乾嘔して食すること能はず、往来寒熱、尚未だ吐下し、脈沈緊の者、小柴胡湯を与う」 

厥陰病篇には、「嘔して発熱する者、小柴胡湯之を主る」
陰陽易差後労復病篇には、「傷寒()えて以後、更に発熱するは、小柴胡湯之を主る」
『金匱要略』嘔吐(えつ)下利病篇に、「嘔して発熱する者、小柴胡湯之を主る」(厥陰病篇と同じ)
婦人雑病篇に、「四肢煩熱に苦しみ、頭痛する者、小柴胡湯を与う」と、大変多くの条文が記載されています。

以上のことから、
1. 風邪や麻疹などの急性熱性病で、発熱してから数日経過して、往来寒熱、口が苦い、食欲不振、胸脇苦満、咳、舌白苔などがある場合。
2. 気管支炎、肺炎、喘息などの脇部疾患。
3. 肝炎、胆嚢炎、胆石など、及び胃炎、胃潰瘍、嘔吐、便秘などの消化器系疾患。
4. 肩こり、円形脱毛症、耳下腺炎、扁桃炎、中耳炎など。
5. 腎炎、腎盂炎、睾丸炎、陰部瘙痒症などの泌尿器系疾患。
6. 神経衰弱、精神分裂症、不眠、ノイローゼ、癲癎(てんかん)などの神経性疾患、血の道症など、種々の疾患に広く用いられます。


(次ページ)小柴胡湯は、以下の七味で構成されています。・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る