新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

33.阿膠|漢方歳時記

33.阿膠|漢方歳時記

2014年01月23日 (木) 08時00分配信 投稿日:14/01/23 08:00 icon_view 204view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 204view

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2014年、平成26年は甲午(きのえうま)の歳になりますので、「午(馬)」に関連する生薬や漢方薬を考えてみました。馬という字のつく生薬には海馬、馬鞭草などがありますが、日本で一般的に使われている生薬で午や馬の字を含むものは、なかなか見当たりません。そこで、馬やロバの「ニカワ」を素材にした阿膠(あきょう)を紹介します。
 

阿膠

阿膠は、『本草綱目』に「東平郡の東阿県に産する、牛皮を煮て作るもの」とあります。現在日本で用いられるのは、ウマ科のロバ(Equus asinus L.)の毛を去った皮、骨、腱または靭帯を水で加熱抽出し、脂肪を去り、濃縮乾燥したもので、玉状と板状の2種類があります。性味は甘平で、肺経、肝経、腎経に帰属します。主な成分はアミノ酸やコラーゲンで、コラーゲンは水と加熱すると一部分解してゼラチンになりますが、その他は未詳です。
東阿 (山東省東阿県) に大きな井戸(阿井と呼ばれた)があり、毎年、年末にその水で膠を煮たことから、「阿膠」と呼ばれるようになりました。 名前の由来である山東省をはじめ、マカオや韓国産が用いられ、新しくて光沢があり、夏もあまり軟化せず、異臭のないものが良品です。煎じ薬に用いる場合には他薬を煎じて濾過した後、濾液に本品を加えて溶かします。
 

阿膠に関する文献

『神農本草経』に「一名を傅致膠、味は甘平、東阿に出づ。心腹内崩(ないほう)して労極まり、洒洒(そんそん)として瘧状(ぎゃくじょう)の如く、腰腹痛み、四肢酸疼(ししさんとう)し、女子下血、胎を安んずるを主る。久しく服せば、身を軽くし気を益す。」
内藤尚賢の『古方薬品考』には「補益、血液を固衛(こえい)す。」
村井琴山の『薬徴続編』には「諸血証を主治す。故に心煩して眠るを得ざる者を兼治す。」
浅田宗伯の『古方薬議』には「味甘平。内崩、下血、腰腹痛、四肢酸疼、虚労羸痩(るいそう)、咳嗽を主る。血を和し、陰を滋し、風を除き、燥を潤し、痰を化し、小便を利し、大腸を調う。」
『中薬大辞典』には「滋陰補血、安胎の効能がある。血虚、過労による咳、吐血、鼻出血、便血、婦女の月経不順、子宮の不正大量出血、胎漏を治す。」と記載されています。
従って、津液(しんえき)を補い、血虚証に対して血を補い、胎児を安定させる作用を有するとともに、弱い止血作用があるので、主に血虚、過労による咳、吐血、鼻出血、血便、月経不順、子宮の不正大量出血、流産しかかったものなどの治療に使用します。


阿膠の作用

1.補血・止血作用
止血と補血を主り、鼻出血・吐血・喀血・血便・血尿などの各種出血性疾患に適用されます。
2.滋陰・潤燥作用
よく陰分 (血液) を補う作用があるので、血虚による煩悶・精神不安・不眠に有効です。

<阿膠と他生薬との配合効果および処方>

image1


阿膠は、一般用漢方処方210処方中、温経湯、黄連阿膠湯、芎帰膠艾湯、杏蘇散、炙甘草湯、猪苓湯、猪苓湯合四物湯の7処方に配合されています。


<参考文献>
神農本草経、電脳資料庫、東亜医学協会ホームページ.
漢方210処方生薬解説、じほう、平成13年.
根本幸夫:漢方春夏秋冬、薬局新聞社、1995年.
やさしい漢方ハンドブック、総合漢方研究会編、平成14年.
宋版傷寒雑病論(二訂版)、東洋学術出版社、1990年.
やさしい漢方入門、総合漢方研究会編、健友館、1995年.

この記事について/著者:小松一



【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20164件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5707件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る