新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

35.膀胱炎|漢方歳時記

35.膀胱炎|漢方歳時記

2014年03月13日 (木) 08時00分配信 投稿日:14/03/13 08:00 icon_view 280view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 280view

膀胱炎

膀胱炎は冬に起こりやすい病気で婦人に多くみられ、処方として猪苓湯が頻用されます。
漢方では、膀胱炎や尿道炎のような疾患を「 ( りん ) 」といい、 血淋(けつりん)気淋(きりん)石淋(せきりん)の3種に分類されます。血淋とは、血尿や頻尿を伴う膀胱炎様の疾患であり、気淋とは、精神的ストレスによって尿がうまく出なくなる症状、石淋とは、腎結石や膀胱結石様の疾患のことで、病気の進行度合いによって治療法が決定されます。

猪苓湯は、五苓散と並んで腎・膀胱系疾患の代表的な処方です。『傷寒論』太陽病篇に「もし脈浮、発熱し、渇して水を飲まんと欲し、小便不利の者、猪苓湯之を主る」とあり、陽明病篇には「陽明病、汗出ること多くして渇する者、猪苓湯を与うべからず。汗多きを以って胃中燥するに、猪苓湯復た其の小便を利するが故なり」また少陰病篇に「少陰病、下利すること六七日、欬(がい)して嘔渇し、心煩眠るを得ざる者、猪苓湯之を主る」とあることから、基本的な用法として、脈浮でのどが渇き小便不利が目標となります。また、咳嗽や嘔気、口渇があって胸苦しいなどの症状がある場合にも用いられますが、汗が出て口渇する場合は、更に猪苓湯を服用して利尿すると津液不足を起こすため禁忌となります。
従って、腎炎、ネフローゼ、腎結石、淋疾、尿道炎、膀胱結石、排尿痛、血尿、浮腫、不眠などの症状に応用されます。
 

image1


膀胱炎の養生法

急性膀胱炎を発症している場合、水分を多めに摂取して利尿します。冷えによって再発を繰り返すような場合は、冷たい飲み物、生野菜や果物などの体を冷やす食物の摂取は控えるべきです。初期の風邪によって発症する場合は発汗剤も使用しますが、病期にかかわらず利水作用のある食べ物を食べるようにし、尿の出が悪くなる銀杏やもち米などを摂取しないようにします。
その他、疲れをためない、トイレを我慢しない、患部を清潔にするなどを心がけるとよいでしょう。


膀胱炎に用いる食材

 

<参考文献>
根本幸夫:漢方春夏秋冬、薬局新聞社、1995年.
やさしい漢方ハンドブック、総合漢方研究会編、平成14年.
宋版傷寒雑病論(二訂版)、東洋学術出版社、1990年.
尾台榕堂:類聚方広義(第三版)、燎原書店、1988年.
やさしい漢方入門、総合漢方研究会編、健友館、1995年.
矢数道明:臨床応用漢方処方解説、創元社、1997.
漢方薬膳学、横浜薬科大学編、万来舎、2012.
荒木正胤、漢方養生談、大法輪閣、昭和39年.


この記事について/著者:小松一




【関連記事】
・「瞿麦(くばく)」漢方歳時記
 (本文一部抜粋)膀胱炎や前立腺炎などの泌尿器系疾患を治療するのに有用であることが…
・「冷房病に使う漢方」漢方歳時記
 (本文一部抜粋)腰痛、夜間の頻尿、膀胱炎、膝の痛みなどにも応用されます…


【関連Q&A】
レボフロキサシンの膀胱炎への使用
頻尿に対してガスモチンが処方されるのを初めて見ました。どういった作用機序なのか…
膀胱炎が疑われるときのベシケア使用。抗コリン作用でかなり尿を溜める効果が強いようですが…
膀胱炎に小青龍湯はアリですか?
猪苓湯と五淋散の使い分けを教えて下さい!

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5703件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る