運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

著者プロフィール(小松 一)|漢方歳時記

著者プロフィール(小松 一)|漢方歳時記

2010年03月17日 (水) 15時04分配信 投稿日:10/03/17 15:04 icon_view 6512view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 6512view

■この記事について


現在、漢方薬は疾病の予防と健康促進、術後治療、痛みの緩和、西洋薬の副作用緩和などに対して、高い治療効果を上げています。医師の大半が何らかの形で漢方を利用していることから、その認知度は高まっています。

一方、薬学教育においては、モデル・コアカリキュラムに、現代医療の中の生薬・漢方薬という項目があり、一般目標として「現代医療で使用される生薬・漢方 薬について理解するために、漢方医学の考え方、代表的な漢方処方の適用、薬効評価法についての基本的知識と技能を修得する」こと等、漢方医学の基礎の到達 目標として7項目、漢方処方の応用で2項目が規定されています。さらに薬局での実務実習においても、薬局製剤について、「代表的な漢方製剤について概説で き、かつ調製できる」こととされています。

漢方を勉強しようと思うと、大変難しいイメージがあるのではないでしょうか?
漢方学習の手がかりになればと、できるだけ季節に合った肩の凝らない話題を紹介していこうと思います。

 

■著者プロフィール



image

小松 一(Hajime KOMATSU)


1962年高知県生まれ。薬学博士。薬剤師、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師。
京都薬科大学卒。同大学院博士課程修了。東洋鍼灸専門学校卒。
大塚製薬(株)徳島研究所で合成研究に従事。また、国立がんセンター研究所がん予防研究部では天然物からの抗癌活性物質の探索研究を行う。
漢方・鍼灸を志し、根本幸夫氏に師事し、漢方平和堂薬局で研鑽を積んだ後、2000年に漢方いちまる薬局・小松鍼灸院開業。
2008年4月に横浜薬科大学漢方薬学科准教授に着任、現在に至る。
著書に『漢方医療薬学の基礎』(廣川書店)、『傷寒・金匱薬物事典』(万来舎)、『漢方210処方生薬解説』(じほう)、『やさしい漢方入門』(健友館)等。

Good8

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1382件)

show

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 new 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 new 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.05 98.服用薬剤調剤支援料 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20640件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5793件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:04月15日~04月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月15日~04月22日

もっと見る