運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』2.漢方の診察法と治療法

『漢方歳時記』2.漢方の診察法と治療法

2010年04月28日 (水) 12時26分配信 投稿日:10/04/28 12:26 icon_view 958view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 958view

■「証」


漢方の治療では、前回述べたように「心身の病的状態」を判定することが重視されます。『 傷寒論 ( しょうかんろん ) 』太陽病篇に「 ( しょう ) に従って之を治す」とあるところから「 随証療法 ( ずいしょうりょうほう ) 」といわれます。それに対して「療法」といわれる現代医学は、原則としてまず病名を定め、その病名に基づいて治療法を選択します。中医学では「 弁証施治 ( べんしょうせち ) 」といい、やはり「証」を弁じた上で治療します。我が国の伝統的な漢方、中医学ともに「証」の概念が、治療の根本をなしています。

「証」とはなにか
漢方では、病気の原因を、ウイルス、細菌、暑さや寒さなど気候の変化も含めて「病邪」としてとらえます。それに対して、人間の生命力を「正気」という概念 でとらえます。 つまり病気とは、「病邪」と「正気」が、体内あるいは体表で戦う姿です。主戦場が体内であれば必ず、自覚症状や他覚症状として現れます。これらの症候群の 変化や軽重といった現象から、体内における抗争状態、すなわち本質を「陰陽虚実論」、「陰陽五行説」、「 臓腑経絡 ( ぞうふけいらく ) 説」、「 気血水 ( きけつすい ) 理論」などの理論によって、推理、掌握することを、「証をつかむ」あるいは「弁証する」といいます。

「証」について『漢方用語大辞典』では、以下の3項目を挙げています。

(1) 症候の意味。
(2) 病人のあらわすいろいろの症状を、漢方独自の診断方法によって、総合観察して、 その病人に葛根湯で治る確証があれば、その病人には葛根湯の証があると診断する。
病名の代わりに、処方名の下に証の字をつけて診断名とする。
(3) 体内の病状が外に現れたもの。

奥田謙蔵は、「証とは疾病の証拠である。即ち身体内における病変を体外で立証し、その本体を推定して、薬方を決定する。という意味である」と述べています。

また藤平健は、「証とは、その病人について現在現れている自他覚的のすべての症状を、生体に現れる闘病反応の漢方的表現方式にしたがって、整理し、総括す ることによって得られる、その病人に対する漢方的診断であり、同時に治療の指示である」と定義し、さらに「"証とは漢方的診断である"と言い換えた方が、 医者にも一般大衆にもずっとわかりやすい」と『漢方臨床ノート』に記しています。

つまり「証」とは、現代医学の「病名」に相当しますが、診察時における「証」の決定は「診断」即ち「治療」と直結します。一度「葛根湯証」と診断されれ ば、処方される薬も葛根湯です。「病名」に基づき、次に処方を選択する現代医学との相違点です。この「証」について、どのように診察し、診断を下すのか、 今度はその方法を説明します。


(次ページ)漢方の診察法・・・

Good11

コメントする

コメントする

コメント

回答:5件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 new 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る