新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』2.漢方の診察法と治療法

『漢方歳時記』2.漢方の診察法と治療法

2010年04月28日 (水) 12時26分配信 投稿日:10/04/28 12:26 icon_view 962view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 962view

■「証」


漢方の治療では、前回述べたように「心身の病的状態」を判定することが重視されます。『 傷寒論 ( しょうかんろん ) 』太陽病篇に「 ( しょう ) に従って之を治す」とあるところから「 随証療法 ( ずいしょうりょうほう ) 」といわれます。それに対して「療法」といわれる現代医学は、原則としてまず病名を定め、その病名に基づいて治療法を選択します。中医学では「 弁証施治 ( べんしょうせち ) 」といい、やはり「証」を弁じた上で治療します。我が国の伝統的な漢方、中医学ともに「証」の概念が、治療の根本をなしています。

「証」とはなにか
漢方では、病気の原因を、ウイルス、細菌、暑さや寒さなど気候の変化も含めて「病邪」としてとらえます。それに対して、人間の生命力を「正気」という概念 でとらえます。 つまり病気とは、「病邪」と「正気」が、体内あるいは体表で戦う姿です。主戦場が体内であれば必ず、自覚症状や他覚症状として現れます。これらの症候群の 変化や軽重といった現象から、体内における抗争状態、すなわち本質を「陰陽虚実論」、「陰陽五行説」、「 臓腑経絡 ( ぞうふけいらく ) 説」、「 気血水 ( きけつすい ) 理論」などの理論によって、推理、掌握することを、「証をつかむ」あるいは「弁証する」といいます。

「証」について『漢方用語大辞典』では、以下の3項目を挙げています。

(1) 症候の意味。
(2) 病人のあらわすいろいろの症状を、漢方独自の診断方法によって、総合観察して、 その病人に葛根湯で治る確証があれば、その病人には葛根湯の証があると診断する。
病名の代わりに、処方名の下に証の字をつけて診断名とする。
(3) 体内の病状が外に現れたもの。

奥田謙蔵は、「証とは疾病の証拠である。即ち身体内における病変を体外で立証し、その本体を推定して、薬方を決定する。という意味である」と述べています。

また藤平健は、「証とは、その病人について現在現れている自他覚的のすべての症状を、生体に現れる闘病反応の漢方的表現方式にしたがって、整理し、総括す ることによって得られる、その病人に対する漢方的診断であり、同時に治療の指示である」と定義し、さらに「"証とは漢方的診断である"と言い換えた方が、 医者にも一般大衆にもずっとわかりやすい」と『漢方臨床ノート』に記しています。

つまり「証」とは、現代医学の「病名」に相当しますが、診察時における「証」の決定は「診断」即ち「治療」と直結します。一度「葛根湯証」と診断されれ ば、処方される薬も葛根湯です。「病名」に基づき、次に処方を選択する現代医学との相違点です。この「証」について、どのように診察し、診断を下すのか、 今度はその方法を説明します。


(次ページ)漢方の診察法・・・

Good11

コメントする

コメントする

コメント

回答:5件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る