運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

4.陰陽五行説|漢方歳時記

4.陰陽五行説|漢方歳時記

2010年07月01日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/07/01 09:00 icon_view 759view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 759view

今回紹介する陰陽五行説は、『素問』『霊枢』の中で展開されている、古代中国文明に端を発する哲学思想です。漢方医学の基礎理論として数千年前に体 系化されました。『易経』によって大成された「陰陽論」と、『書経』を根源とする「五行説」を融合させた自然哲学であり、数千年にわたる人々の経験と事象 の蓄積を、自然界の現象と照らし合わせて理論化したものです。
 



■陰陽論


陰陽論とは、森羅万象、世の中総ての物質および現象を、陰(-)、陽(+)の相対する二つの特質に分けて識別するものです。

ただし、陰陽は相対的な分類です。陰と陽に定められたものが、常に陰であり、常に陽であるわけではありません。 例えば、「天地」の関係でいえば、「天」は陽にあたりますが、快晴の日(陽)もあれば曇りの日(陰)もあります。「男女」の関係でいえば、「女」は陰で、 激しく動きまわっている時(陽)もあれば、静かに休んでいる時(陰)もあります。

このように陰陽は、固定概念ではなく、時と場所、対象とするものに応じて自在に変化します。

1.黄帝内経系の陰陽
陰陽論には、根拠とする古典によって、内経系と傷寒論系の考え方があります。内経系では、総括的に、「人は、陰陽二気の結合から生まれ、陰陽が分離して死に至る。すなわち、陰陽の不調和によって病気がおこる」という思想が前提になっています。

<人体の陰陽>



2.傷寒論系の陰陽
傷寒論系の場合は、比較的狭義で、「疾病の発病状態、または発病の傾向(病気のおこり方)を見究める事」そのものに重点を置いています。病気は、陽証と陰証の二つに分けられ、さらに三陰三陽に分かれます。
陽証は、病気の「深さ」、陰証は、病気の「重さ」によって、三段階に分けられます。

<三陰三陽>

■五行説


五行説とは、自然界の総ての事物、現象を、木・火・土・金・水の五大元素に分類し、把握しようとする考え方です。5つの元素は互いに助けあい、抑制しあって推移する関係にあります。相剋説、土王説、相生説の3つの説があります。

1.五行相剋説
鄒衍 ( すうえん ) (BC 320~250)によって唱えられ、王朝交代の革命理論に基盤をおいた理論です。「夫婦関係」ともいい、互いに抑制しあう相剋関係です。


木→土:木剋土(木は土を剋する)  木は土の中に根を張り、土の養分を吸収して生長する
土→水:土剋水(土は水を剋する)  土は水を吸収し、また堤防を創ることによって水の流れを抑える
水→火:水剋火(水は火を剋する)  水は火を消す
火→金:火剋金(火は金を剋する)  火は火力により金属を溶かす
金→木:金剋木(金は木を剋する)  金属は刀や斧となり、木をきる


2.五行土王説


相剋説では、すべてが対等の関係ですが、土王説は、「土」が中心となり、その周辺に木火金水がおかれ、水と火、木と金はそれぞれ相剋しあっています。

後述の五行色体表を見てわかるように、五臓に配当すると火は心、木は肝、金は肺、土は脾、水は腎です。臓器の位置関係が土王説とほぼ一致します。

漢方では、土王説は強い影響力があり、金元四大家の一人である 李東垣 ( りとうえん ) は、この土王説を元に、「病気の治療は、脾胃(消化器系)を強化することが基本になる」と考え、『脾胃論』を著しました。


3.五行相生説
董仲舒 ( とうちゅうじょ ) (BC 179~104)によって唱えられました。「母子関係」にたとえられ、互いに生み生まれる仲のよい関係です。


木→火:木生火(木は火を生ず)  木が燃えて火が生まれる
火→土:火生土(火は土を生ず)  火が燃え尽きると灰土となる
土→金:土生金(土は金を生ず)  金属は土中より産出する
金→水:金生水(金は水を生ず)  水源は金鉱のあるような所にあたる
水→木:水生木(水は木を生ず)  木は土中の水分を吸収して生長する


五行色体表
色体表とは、自然界におけるさまざまな事象や人体の諸器官、生理現象、疾病の際の症状などを、五行の色にそろえて見やすくしたものです。ここでは主なものを抜粋しました。

image

次回は、五臓の働きと病証について紹介します。


<参考文献>
やさしい漢方入門、健友館、1995.
やさしい漢方ハンドブック、総合漢方研究会 、2002.
根本幸夫、根井養智:陰陽五行説-その発生と展開、薬業時報社、1991.
長濱善夫:東洋医学概説、創元社、昭和63年.
素問・霊枢、日本経絡学会編、1992.


著者:小松一



【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1351件)

show

2017.12.13 new 272.その成分はトリガーとなるか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.12.07 94.40枚規制緩和論の浅はかさ 【世塵・風塵】

2017.12.06 271.ポリファーマシー解消にはほど遠い実態 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.29 270.空気は点数と無関係という自信 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.22 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20277件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5733件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:12月12日~12月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月12日~12月19日

もっと見る