新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』4.陰陽五行説

『漢方歳時記』4.陰陽五行説

2010年07月01日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/07/01 09:00 icon_view 755view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 755view

今回紹介する陰陽五行説は、『素問』『霊枢』の中で展開されている、古代中国文明に端を発する哲学思想です。漢方医学の基礎理論として数千年前に体 系化されました。『易経』によって大成された「陰陽論」と、『書経』を根源とする「五行説」を融合させた自然哲学であり、数千年にわたる人々の経験と事象 の蓄積を、自然界の現象と照らし合わせて理論化したものです。
 



 

■陰陽論


陰陽論とは、森羅万象、世の中総ての物質および現象を、陰(-)、陽(+)の相対する二つの特質に分けて識別するものです。

ただし、陰陽は相対的な分類です。陰と陽に定められたものが、常に陰であり、常に陽であるわけではありません。 例えば、「天地」の関係でいえば、「天」は陽にあたりますが、快晴の日(陽)もあれば曇りの日(陰)もあります。「男女」の関係でいえば、「女」は陰で、 激しく動きまわっている時(陽)もあれば、静かに休んでいる時(陰)もあります。

このように陰陽は、固定概念ではなく、時と場所、対象とするものに応じて自在に変化します。

1.黄帝内経系の陰陽
陰陽論には、根拠とする古典によって、内経系と傷寒論系の考え方があります。内経系では、総括的に、「人は、陰陽二気の結合から生まれ、陰陽が分離して死に至る。すなわち、陰陽の不調和によって病気がおこる」という思想が前提になっています。

<人体の陰陽>



2.傷寒論系の陰陽
傷寒論系の場合は、比較的狭義で、「疾病の発病状態、または発病の傾向(病気のおこり方)を見究める事」そのものに重点を置いています。病気は、陽証と陰証の二つに分けられ、さらに三陰三陽に分かれます。
陽証は、病気の「深さ」、陰証は、病気の「重さ」によって、三段階に分けられます。

<三陰三陽>



(次ページ)五行説・・・

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る