新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

6.五臓の働きと病証|漢方歳時記

6.五臓の働きと病証|漢方歳時記

2010年09月17日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/09/17 09:00 icon_view 724view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 724view

■五臓五腑



漢方でいう臓腑は、内臓の諸器官を総称したものです。内臓を「五臓五腑」という器官に集約させ、そこに心身の機能を便宜的に結びつけ、表現しています。



五臓五腑では、肝・胆は木、心・小腸は火、脾・胃は土、肺・大腸は金、腎・膀胱は水に属します。

臓腑名には、西洋医学の解剖名が用いられ、その内容は共通する部分もありますが、異なる部分も多く、全てが同じわけではありません。

五臓
「五臓」の概念は、解剖に基礎をおきながら、後述の通り、反応や治療効果から想定される感覚的な概念を含みます。

『 素問 ( そもん ) 』 金匱真言論 ( きんきしんげんろん ) に「臓腑中の陰陽を言えば、即ち蔵を陰となし、腑を陽となす」とあるように、「臓(蔵)」は、体のより深い所にあり、精力や活力を化生貯蔵する器官です。中が充実した実質性臓器で、物が入らないために「陰」とします。

五腑
「五腑」は、ほぼ現代医学の用語と同義に用いられます。体の表面近くにあり、栄養源となる食物を集め、消化する諸器官をさし、主に運搬、伝導、排泄をおこないます。管や袋の形をした中空状臓器で、物を十分に詰め込めるため「陽」とします。

その他の臓器
五臓五腑に当てはまらないものとして、脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)を「 奇恒の腑 ( きこうのふ ) 」といいます(『素問』五蔵別論)。胆は五腑にもありますが、その働きの違いによって区別しているようです。

■五臓の働きと病証



1.肝


image

「肝」は、五行では木に属する臓で、『素問』 霊蘭秘典論 ( れいらんひてんろん ) に、「将軍の官、謀慮出ず」と記されているように、全ての臓器を統括する器官とされます。

外界からの傷害や、体内の有害物質を防御、排除し、また、精神情緒の活動を調節し、思考思索をめぐらす作用があります。そのため、肝に異常が生ずると、思 惟活動が鈍り、ぼんやりして無気力になったり、抑鬱状態となったり、怒りやすくなったりします。「怒りは肝を傷る」といわれるように、精神的にイライラ し、腹を立てることは、肝の作用と関係しています(五志)。

『霊枢』本神に「肝は血を蔵す」とあるように、血量の調節など、血液の状態と深く関わっています。肝血が不足すると、体内の血液の生理活動が損なわれ、狭心症、めまい、筋肉の痙攣等が生じます。また血液の貯蔵不足によって、血液の凝固機能が低下すると、喀血、 衄血 ( ぢくけつ ) などの出血を起こします。怒りによる吐血などには、肝の治療が不可欠です。

肝には、水分代謝を調節する作用もあるため、肝硬変などによって、門脈の循環障害が起きると、腹水を生じます。

肝は筋をつかさどり(『素問』陰陽応象大論)、腱や筋繊維、関節の運動を支配しています。そのため筋骨の痛み、ひきつれ、巻き舌、四肢の痙攣、麻痺、萎縮、陰嚢収縮などが、病変として現れます(五主、五病変)。

五竅では、肝は目に該当します。従って、肝が病むと、目が赤く腫れ、疼痛のある急性眼疾となったり、慢性的な目のかすみ、乾き、雀目、あるいは目がショボ ショボしたり、めまいを起こしたりします。目に症状がある場合は、肝の治療を重視しますが、目は心や腎とも深く関係しているため、これらの治療も併せて行 うとよいでしょう。

爪甲(五華)については、「爪は筋の余り」といわれるように、肝血が不足すると、爪甲は薄く柔らかく、色沢も淡白となり、爪甲の中間部に凹みが現れます。

五色では、肝は青色と関係し、顔色の青い人には、肝の症状が現れると考えられます。

経絡では、足の厥陰肝経が、生殖機能に関係するので、インポテンツや更年期の症状が現れます。その他、中年を過ぎ肝が虚すと、筋力の衰え、中風による半身不随、言語障害、筋萎縮性疾患などの症状が現れやすくなります。

2.心
循環器系と中枢神経系をつかさどる、肝と並んで最も重要な臓器です。血を全身に絶え間なく循環させる(五主)。意識を正常に保ち、精神活動を正常に行わせる。顔色を明るくし、つやを与える(五華)。舌の働きを維持する(五竅)。といった働きがあります。

心が病むと、動悸、息切れ、不整脈、健忘、下半身のむくみ、舌のもつれ、煩躁、不眠などの症状が現れます。


3.脾
一般的には膵臓をさし、胃と一対となって働きます。ただし現在の中国では、脾といえば脾臓を意味します。

飲食物を消化吸収し、後天の元気(生後の環境等で培われた生命力)を生成する。血液の循環を守る。筋肉を充実させ、腕や足を丈夫にする(五主)。唇の色を明るくし、つやを与える(五華)などの作用があります。

脾が病んだ時は、胃腸虚弱、軟便、下痢、腹脹、食欲不振、疲れやすい、手足が重くだるい、といった症状が現れます。


4.肺
呼吸器系の中枢です。呼吸を正常にさせる。脾と協力して、気や血を生成する。水分を全身にめぐらせ、汗で水分調節をする。皮膚や毛につやをもたせ、体表を防御する(五主、五華)。鼻やのどの働きを正常にさせるなどの作用があります。

肺の病証としては、疲れやすく声に力がない、息切れしやすい、のどや口の乾燥、咳、喘息、鼻づまりなどがあります。


5.腎
泌尿器系と生殖器系の機能をあわせ持っています。水分調節を行い、尿を生成する。先天の元気(持って生まれた生命力)を宿し、身体の成長、発育を順調に行 わせ、生殖機能を働かせる。骨や歯を丈夫にする(五主)。便通、排尿を調節する。耳を健康に保つ。髪の毛を丈夫に保つ(五華)。足腰を丈夫にするなどの働 きがあります。

腎が病むと、精力減退、インポテンツ、遺精、腰痛、膝痛、視力低下、抜け毛、難聴、耳鳴り、下半身の冷え、夜間頻尿、尿失禁、むくみなどの症状が現れます。


<参考文献>
やさしい漢方入門、健友館、1995.
やさしい漢方ハンドブック、総合漢方研究会 、2002.
根本幸夫、根井養智:陰陽五行説-その発生と展開、薬業時報社、1991.
長濱善夫:東洋医学概説、創元社、昭和63年.
素問・霊枢、日本経絡学会編、1992.


著者:小松一



【関連記事】
・「漢方薬は長く飲まないと効かない?」薬剤師が思う漢方の疑問
なぜ漢方薬の風邪薬があるのかと云えば、答えは「すぐに治すため」です…
・「中国での漢方の扱いは?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来した…
・「漢方薬の構成はどうなってる?」薬剤師が思う漢方の疑問
漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ 」薬局レポート
胃潰瘍に安中散、花粉症に小青龍湯......など、パターン化している傾向が甚だ多く…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る