運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』6.五臓の働きと病証

『漢方歳時記』6.五臓の働きと病証

2010年09月17日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/09/17 09:00 icon_view 720view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 720view

■五臓五腑


漢方でいう臓腑は、内臓の諸器官を総称したものです。内臓を「五臓五腑」という器官に集約させ、そこに心身の機能を便宜的に結びつけ、表現しています。



五臓五腑では、肝・胆は木、心・小腸は火、脾・胃は土、肺・大腸は金、腎・膀胱は水に属します。

臓腑名には、西洋医学の解剖名が用いられ、その内容は共通する部分もありますが、異なる部分も多く、全てが同じわけではありません。

五臓
「五臓」の概念は、解剖に基礎をおきながら、後述の通り、反応や治療効果から想定される感覚的な概念を含みます。

『 素問 ( そもん ) 』 金匱真言論 ( きんきしんげんろん ) に「臓腑中の陰陽を言えば、即ち蔵を陰となし、腑を陽となす」とあるように、「臓(蔵)」は、体のより深い所にあり、精力や活力を化生貯蔵する器官です。中が充実した実質性臓器で、物が入らないために「陰」とします。

五腑
「五腑」は、ほぼ現代医学の用語と同義に用いられます。体の表面近くにあり、栄養源となる食物を集め、消化する諸器官をさし、主に運搬、伝導、排泄をおこないます。管や袋の形をした中空状臓器で、物を十分に詰め込めるため「陽」とします。

その他の臓器
五臓五腑に当てはまらないものとして、脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)を「 奇恒の腑 ( きこうのふ ) 」といいます(『素問』五蔵別論)。胆は五腑にもありますが、その働きの違いによって区別しているようです。


(次ページ)五臓の働きと病証・・・

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1292件)

show

2017.02.22 new 230.ポイント問題が再燃はネット販売と同じ道を歩… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.15 new 229.そのメッセージは誰の展望なのか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.08 228.依然として続発する子どもの誤飲対策を薬剤師… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.02 84.院内・外の調剤料 【世塵・風塵】

2017.02.01 227.2020に向けスポーツファーマシストを活か… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19165件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5453件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:02月18日~02月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月18日~02月25日

もっと見る