運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方歳時記

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『漢方歳時記』6.五臓の働きと病証

『漢方歳時記』6.五臓の働きと病証

2010年09月17日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/09/17 09:00 icon_view 722view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 722view

■五臓五腑


漢方でいう臓腑は、内臓の諸器官を総称したものです。内臓を「五臓五腑」という器官に集約させ、そこに心身の機能を便宜的に結びつけ、表現しています。



五臓五腑では、肝・胆は木、心・小腸は火、脾・胃は土、肺・大腸は金、腎・膀胱は水に属します。

臓腑名には、西洋医学の解剖名が用いられ、その内容は共通する部分もありますが、異なる部分も多く、全てが同じわけではありません。

五臓
「五臓」の概念は、解剖に基礎をおきながら、後述の通り、反応や治療効果から想定される感覚的な概念を含みます。

『 素問 ( そもん ) 』 金匱真言論 ( きんきしんげんろん ) に「臓腑中の陰陽を言えば、即ち蔵を陰となし、腑を陽となす」とあるように、「臓(蔵)」は、体のより深い所にあり、精力や活力を化生貯蔵する器官です。中が充実した実質性臓器で、物が入らないために「陰」とします。

五腑
「五腑」は、ほぼ現代医学の用語と同義に用いられます。体の表面近くにあり、栄養源となる食物を集め、消化する諸器官をさし、主に運搬、伝導、排泄をおこないます。管や袋の形をした中空状臓器で、物を十分に詰め込めるため「陽」とします。

その他の臓器
五臓五腑に当てはまらないものとして、脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)を「 奇恒の腑 ( きこうのふ ) 」といいます(『素問』五蔵別論)。胆は五腑にもありますが、その働きの違いによって区別しているようです。


(次ページ)五臓の働きと病証・・・

Good12

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る