運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『転職のイロハ』3.業界の変化に伴い変わりつつある薬剤師に求められる能力とは? Vol

『転職のイロハ』3.業界の変化に伴い変わりつつある薬剤師に求められる能力とは? Vol

2011年04月01日 (金) 09時00分配信 投稿日:11/04/01 09:00 icon_view 622view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 622view

日本のことわざで「風が吹けば桶屋が儲かる」というものがあります。

内容としては、強風で土埃が目に入ると、目を悪くする人が増える。
目を悪くすると角付けでもしようということになるから、三味線が売れる。
三味線の胴には猫皮だから、 猫が減って、鼠が増える。
鼠が桶をかじって穴を開けると、桶屋に注文がくるようになるというものです。

多数の連鎖による、ドミノ理論的な考え方ですが、この現象が、薬剤師を取り巻く環境に起ころうとしております。

薬剤師業界で、この強風になる要因としては、2009年6月に施行された、『登録販売者』制度。そして、2012年からの『6年制薬剤師』の卒業、更には、『調剤報酬の減少』、『ジェネリック医薬品』の推進です。

登録販売者制度が施行された結果、売上拡大の為、大型家電ストア、スーパー、ディスカウントストア等がドラッグ部門に新規参入していきます。既に飽和状態であるドラッグストア業界では、各社が売上・利益確保の為に、調剤事業への参入を進め始めるでしょう。

その結果、資金余力のある大型ドラッグストアの参入により、飽和状態の調剤薬局各社の競争が激化することが予想されます。

激化することで、調剤薬局が生き残る方法として、次の3点が考えられます。

(1) M&Aによる競争力確保

(2) メディカルモール展開による、収益確保

(3) 関連ビジネス(在宅・介護・人材紹介/派遣・医薬品製造/販売)による、売上確保

特に、(1)・(2)に関しては、資金とチャンスに依存するケースが多いため、(3)の関連ビジネスを展開していく、調剤薬局会社が増えてくると考えられます。


(次ページ)この関連ビジネスで勝ち残っていくためには・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る