新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『転職のイロハ』5.業界の変化に伴い変わりつつある薬剤師に求められる能力とは? Vol

『転職のイロハ』5.業界の変化に伴い変わりつつある薬剤師に求められる能力とは? Vol

2011年04月20日 (水) 09時00分配信 投稿日:11/04/20 09:00 icon_view 453view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 453view

前回のコラムでは薬剤師を取り巻く市場の変化とキャリアへの影響についてご紹介しました。今回は、今後市場価値が高まってくる薬剤師は「どの様な薬剤師」かについて触れたいと思います。

市場が飽和することにより、薬剤師であることが重要ではなく、「どの様な薬剤師であるか」が重要になってくると述べました。その定義を【知識】【技術】【思い】の3つに分解し、ご紹介したいと思います。

図この3つは左図の様な関係でまとめられます。薬剤師としての基本となる心構えや価値観「思い」が要素の核となります。

その思いから、高い倫理観と成長意欲が知識レベルや技術力を押し上げます。知識や技術は一朝一夕に醸成されるものではありません。日々の学ぶ姿勢や努力が求められます。

それでは、ここで挙げる3つの要素について外側から内側の順番で述べたいと思います。

【技術】
業務技術とコミュニケーション技術で構成され、日々の経験、訓練により獲得していく能力を指します。
・コミュニケーション技術
理解力    :相手の意図を理解する力 (患者理解)
表現・伝達力 :相手が理解し易い内容で伝える力(服薬指導)
影響力    :相手に行動を促す力(服薬指導・特に慢性疾患等)

これまでの業務においては、相手に行動を促す(影響力)必要はありませんでしたが、今後、慢性疾患患者が増加する中では、この影響力を持てる薬剤師が必要になります。
※最近では、チーム医療が評価されており、この傾向は病院だけでなく、介護・在宅の現場も同様であり、ますますコミュニケーション技術の必要性が出てくることになります。

・業務技術
日常業務技術 :散剤・水剤・軟膏等をスピーディーに正確に出来る技術
業務支援技術 :SOAPにおける記述能力とPOSを実施出来る技術・能力
※SOAP Subjective data(主観的事実)/Objective data(客観的事実)/Assessment(根拠)/Plan(実施項目)
※POS Problem Oriented System 患者の持っている医療上の問題に焦点を合わせて考える技法

【知識】
疾患と治療薬に対する知識を指し、業務の中での経験、日々学ぶ姿勢・努力が必要になります。
・疾患に対する知識
・治療薬に対する知識

多くの薬剤師は既に日々の業務の中で疾患、治療薬に対する知識があり、業務上、専門性が求められるため問題ないと判断される方もいらっしゃると思います。一方で、体系的に知識を得ていることや、経験を説明することはなかなか難しいです。それを証明する資格(認定薬剤師資格等)を保有していることは知識の証明だけでなく、次で述べる【思い】を伝える上でも有効です。


(次ページ)【思い】先で述べた知識と技術の要素を高い次元・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る