運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『転職のイロハ』17.2012年問題~薬剤師の転職事情

『転職のイロハ』17.2012年問題~薬剤師の転職事情

2011年09月28日 (水) 09時00分配信 投稿日:11/09/28 09:00 icon_view 887view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 887view

今回は、皆さま、気になっていらっしゃる「2012年問題~薬剤師の転職事情」についてお話したいと思います。

いよいよ来年、卒業生が出ない2年間の空白期間を経て、薬剤師としての素養に加えて、実践的な知識や経験が増え、即戦力の薬剤師として期待されている6年制卒の薬剤師が登場します。

2012年から転職市場は一体どうなるのでしょうか。

登録販売者制度のスタート、薬科大学、薬学部が増設されたことにより、将来的には薬剤師の余剰が予想されます。それに伴い人件費抑制の意味も含め、中途採用の枠が減っていく・・・というネガティブな見方もありますが、6年制卒の薬剤師が入職され、実際に変化がありそうなのは、"調剤未経験者"の採用のみのようです。経験者の中途採用に関しては引き続き変わらないと考えられています。

「人件費抑制の意味では新卒が望ましいが、優秀な経験者は積極的に雇用したい」と考える事業所は多く、学生にはない、実務経験や社会人経験を積んでいることは中途採用者の大きな強みになると思われます。

とはいえ、中堅以上の薬局チェーンでは、どの事業所でも6年制薬剤師の採用に積極的なため、中途の調剤未経験者の採用には慎重になっていくとされています。そこで問題となるのが、現在、企業やドラッグストアに勤めており、将来的には調剤薬局などで働くことを考えている場合です。


(次ページ)来年以降、調剤未経験から・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る