新着記事・レポート

カテゴリーを選択

転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3月までに転職、3つのメリット|薬剤師の転職事情

3月までに転職、3つのメリット|薬剤師の転職事情

2012年02月15日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/02/15 09:00 icon_view 278view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 278view

こんにちは。
2012年3月3日~4日に代97回薬剤師国家試験が行われます。
今年は6年制薬剤師国家試験の初年度ですので、3月30日の合格発表日には初めての6年制薬剤師が誕生することになります。

さて、皆さまは年明けから1~2月は転職希望者がもっとも多い時期だということをご存知でしょうか?
理由はご想像のとおり、多くの方が新期の始まる4月入職をご希望のためです。4月は新入社員の入社や組織の改編など、新しく始まる職場が最も多い季節ですので、ご転職やパートの再開はキリの良い4月からと考えがちですが、実は、1ヶ月でも1週間でも、少しでも早く転職された方が好条件の転職が叶う可能性が高くなります。
そこで、今回は「3月までに転職する」メリットについてお伝えしたいと思います。ご転職をご検討の際は参考にしてみてください。

■4月入職ではなく3月までに転職した場合、例えば、下記のような3つのメリットがございます。


1)2~3月は繁忙期であるため、条件UPの相談に応じる企業が多い

現状、繁忙期である2月、3月に入職できると様々なメリットがあります。条件UPの相談に応じてくれる企業が多数ございますので、100%叶うという訳ではありませんが、早期入社するという条件でご希望の事柄を相談してみてはいかがでしょうか。

2)3月の国家試験結果発表後は4月入職希望者が殺到し倍率が高くなる

例年、3月の合格発表後に就職活動を始められる新卒の方が多くみられます。既卒の方の場合、経験が少なくても付けるポジションは需給バランスの関係から賃金が下がることが考えられます。そのため、未経験の方やご経験の浅い方は少しでも早く動かれることをおすすめします。

3)4月に入社する多くの人よりも早く仕事を覚え、スタートダッシュがかけられる

4月に新卒と一緒に入社するのは避けたいとお考えの方もいらっしゃると思います。ほんの一週間でも新卒の方より早く入ることで、その分早く職場の雰囲気や仕事に慣れることができますので、少しでも早く仕事を覚え、スタートダッシュをかけましょう。

加えて、期末である今の時期は、年度切り替えに伴う退職者の後任の補充や新しい診療科目の追加に伴う増員など今まで募集のなかった新規の求人が増える傾向がございます。下半期の業績や市場を踏まえ、新期に向けて人材を採用する動きが出てきております。
新規オープンや企業として注力している部門での募集であることが多く、まとまった数の募集が行われるケースもあり、転職成功の確率が高くなることも考えられます。また、普段は採用が行われていない企業や職種の求人が比較的増える時期でもありますので、ご転職をお考えの方はしっかり情報収集をし、有益な情報を見逃さないようにしてくださいね。

すでに離職中の方や2月3月の退職日が決まっている方、新卒の方よりも早く入職したいとお考えの方もいらっしゃると思いますが、早め早めの「行動」が転職成功のカギとなります。ご転職について考えているものの、引き止めにあったり、退職に踏み切れない方は是非一度じっくりご自身の将来について考えてみて欲しいと思います。5年後、10年後、どうなっていたいのか、今の業務内容がご自分に合っているか、見定めてください。
ご自身のキャリアイメージを固め、それに合った会社で経験を積んでいくことが大切かと思います。

将来を見据えた上でキャリアイメージを描くことはお一人では難しいかもしれませんが、私たちはあらゆるキャリアアッププランに応じて、求職者様に合ったご提案をさせていただいております。もし、将来に対して漠然とした不安やご希望のある方はご相談いただければ、その思いを最短で実現できる就業先のご紹介をさせていただきます。具体的なイメージが決まっていなくてもキャリアの設計段階から一緒に考えていくことができますので、お気軽にお問い合わせください。


キャリアコンサルタント:小寺澤健太郎

提供:ファーマ人材バンク

 

【関連Q&A】
Q.今までは病院で勤めていました。調剤併設ドラッグストアか調剤薬局かで迷っています…
Q.転職先は心療内科の処方箋を多く受けている薬局です。今までそういった処方に触れる機会が少なくて全く自信がありません…
Q.病院からの転職薬剤師は、調剤薬局に転職後3年間保険薬剤師として従事しなくては「かかりつけ薬剤師」になることができないのでしょうか??…
Q.調剤薬局は私が勤めていたところは皆人間関係が悪かったです…

 
【関連記事】
・全国8大都市圏徹底比較。転職するならこの都市(まち)だ!
・イマドキ薬剤師求人は「何」を伝えているのか
・就職先の見極め方
・薬剤師の転職理由(アンケート結果)
・あなたは自分の業績を書き出せますか?
・理想と現実のギャップを生む要因|薬剤師の働き方
 

image

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20164件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5706件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る