新着記事・レポート

カテゴリーを選択

転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

今、転職活動をする際のポイント|薬剤師の転職事情

今、転職活動をする際のポイント|薬剤師の転職事情

2012年02月27日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/02/27 09:00 icon_view 311view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 311view

こんにちは。
インフルエンザが猛威をふるっております。
1月30日~2月5日の1週間に全国約5000カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者は1医療機関あたり42.62人(前週35.95人)で、過去10年間では2005年の同50.07人に次いで2番目に多くなったと発表されました。
薬剤師の皆さまはお忙しい時期で生活も不規則になりがちだと思いますが、体調管理には十分お気をつけくださいね。

さて、6年制薬剤師の入社や診療報酬や薬価の改定など薬剤師を取り巻く環境はどんどん変わりつつあります。学生時代の就職活動や何年か前に転職活動をしたときの感覚を引きずっていると、今の転職市場ではチャンスを逃してしまうかもしれません。前回のコラムでもお伝えしました通り、早め早めの「行動」が転職成功のカギとなります。
そこで今回は今、転職活動をする際のポイントについてお伝えしたいと思います。

(1)まず、面接を受けてみる
採用に慎重になる企業が多いなか、限られた案件に多数の応募者が短期間で押し寄せ、早々に募集を締め切るケースも見られます。人気が高く募集枠が少ない企業求人や貴重な条件の求人ともなると、数日で採用枠の何倍もの応募者が殺到し、1週間程度で募集を終了してしまうこともございます。

そのため、少しでも興味を持った求人があれば、まず応募・問い合わせしてみることが重要です。問い合わせをし、企業名や募集要項等を聞き、それから面接を受けるかどうか決めれば良いのです。そして、詳細を聞いたうえで、やはり気になる求人だった場合は面接を受けられることをおすすめします。

店舗見学に行って実際に働かれている方の話を直接聞いたり、職場の雰囲気を肌で感じてほしいと考えます。足を運ぶことで、募集要項では分からない魅力にも気付けるかもしれません。その後、「入社するかどうか」を検討すればいいのです。

転職支援サービスを利用するメリットは条件交渉やお断りなど、言いづらいことを直接お話せずに済むというところにもあります。面接=内定=入職しなくてはならない、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、面接を受けた上でお気に召さなければお断りいただくことも可能ですし、納得いかずお断りする方もたくさんいらっしゃいますのでまずは面接を受けてみてはいかがでしょうか?

(2)「面接対策」でしっかり準備
2年間新卒採用を控えてきた反動により、現場では人手不足感が強くなっていますが、薬剤師の転職市場は10年前、20年前と変わってきています。
企業の提示する想定年収も以前に比べ高いものが少なくなってきていますし、内定も出にくくなってきており、資格があるからといってご希望条件がすべて叶えられる状況ではありません。採用基準が高くなってきているため、履歴書だけでなく面接もしっかり見られます。そんななか、内定を得るためには、事前準備が重要になってきています。

私たちは企業側と求職者様両方とお話する機会がありますので、どうすれば面接が上手くいくのか、評価されるポイントはどこかをお伝えすることができます。企業が求める人物像や企業ならではの特徴、面接時のアピール方法など共有し、面接に臨んでいただきます。その結果、想定されていた年収よりUPしたり、条件が緩和されたりと、ご希望に近い転職を叶えることが可能です。

また、面接対策というと、自分が積んできたキャリアを伝えることに集中してしまいがちですが、同時に将来的なビジョンも含めて、伝えられるようにしておくことも重要です。 今までのご経験に加えてポテンシャルや意欲を重視している企業もあります。「これまでの経歴がどう次の仕事に活かせるか」「転職後、何をしたいのか」「将来、どんな薬剤師になりたいのか」などを明確に伝えられることが評価につながります。

いかがでしょうか?
ご転職をお考えでしたら、今すぐ行動するのが「成功する転職」への第一歩です。
是非、早めの行動でチャンスを逃さない転職活動をスタートしましょう!


キャリアコンサルタント:小寺澤健太郎

提供:ファーマ人材バンク

 

【関連Q&A】
Q.今までは病院で勤めていました。調剤併設ドラッグストアか調剤薬局かで迷っています…
Q.転職先は心療内科の処方箋を多く受けている薬局です。今までそういった処方に触れる機会が少なくて全く自信がありません…
Q.病院からの転職薬剤師は、調剤薬局に転職後3年間保険薬剤師として従事しなくては「かかりつけ薬剤師」になることができないのでしょうか??…
Q.調剤薬局は私が勤めていたところは皆人間関係が悪かったです…

 
【関連記事】
・全国8大都市圏徹底比較。転職するならこの都市(まち)だ!
・イマドキ薬剤師求人は「何」を伝えているのか
・就職先の見極め方
・薬剤師の転職理由(アンケート結果)
・あなたは自分の業績を書き出せますか?
・理想と現実のギャップを生む要因|薬剤師の働き方
 

image

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る