緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『転職のイロハ』29.今、転職活動をする際のポイント

『転職のイロハ』29.今、転職活動をする際のポイント

2012年02月27日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/02/27 09:00 icon_view 307view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 307view

こんにちは。
インフルエンザが猛威をふるっております。
1月30日~2月5日の1週間に全国約5000カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者は1医療機関あたり42.62人(前週35.95人)で、過去10年間では2005年の同50.07人に次いで2番目に多くなったと発表されました。
薬剤師の皆さまはお忙しい時期で生活も不規則になりがちだと思いますが、体調管理には十分お気をつけくださいね。

さて、6年制薬剤師の入社や診療報酬や薬価の改定など薬剤師を取り巻く環境はどんどん変わりつつあります。学生時代の就職活動や何年か前に転職活動をしたときの感覚を引きずっていると、今の転職市場ではチャンスを逃してしまうかもしれません。前回のコラムでもお伝えしました通り、早め早めの「行動」が転職成功のカギとなります。
そこで今回は今転職活動をする際のポイントについてお伝えしたいと思います。

(1)まず、面接を受けてみる
採用に慎重になる企業が多いなか、限られた案件に多数の応募者が短期間で押し寄せ、早々に募集を締め切るケースも見られます。人気が高く募集枠が少ない企業求人や貴重な条件の求人ともなると、数日で採用枠の何倍もの応募者が殺到し、1週間程度で募集を終了してしまうこともございます。

そのため、少しでも興味を持った求人があれば、まず応募・問い合わせしてみることが重要です。問い合わせをし、企業名や募集要項等を聞き、それから面接を受けるかどうか決めれば良いのです。そして、詳細を聞いたうえで、やはり気になる求人だった場合は面接を受けられることをおすすめします。

店舗見学に行って実際に働かれている方の話を直接聞いたり、職場の雰囲気を肌で感じてほしいと考えます。足を運ぶことで、募集要項では分からない魅力にも気付けるかもしれません。その後、「入社するかどうか」を検討すればいいのです。


(次ページ)転職支援サービスを利用するメリット・・・



Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1284件)

show

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.12.22 36.採用担当者必見!究極の「青田買い」は品川区に… 【オモテに出ている裏話】

もっと見る

業界ニュース(18773件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5412件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る