新着記事・レポート

カテゴリーを選択

転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

未経験で年収150万アップの理由は...[転職事例インタビュー・後編]|薬剤師の転職事情

未経験で年収150万アップの理由は...[転職事例インタビュー・後編]|薬剤師の転職事情

2012年03月21日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/03/21 09:00 icon_view 370view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 370view

今回は前回より掲載している転職事例インタビューの後半として、転職活動において挙がった2つの課題の解決策から転職成功されてからのご様子、今後ご転職される方へのアドバイスを掲載しております。

さて、前回挙がった2つの課題を覚えておいででしょうか?

1つ目は、希望年収の実現可能な職場が希望のエリアのなかでどこにあるのかを探すこと、 2つ目は、市場よりも高い希望年収をどのようにして実現させるか、でしたね。
それでは、インタビューの途中から掲載させて頂きます。
是非、最後までご覧下さい。

 
★未経験で年収150万アップの理由は...?[転職事例インタビュー]前編はこちら
 

__2つの課題をどのようにして解決されたのですか?
1つ目の、求人情報が分からない事に関しては、キャリアコンサルタントの方がずいぶん力になってくれました。
多くの求人をご紹介頂きましたし、求人の有無に関わらず、興味がある薬局に電話をして求人を探してもらいました。また、当初全く考えていなかったOTCや管理薬剤師ポストへの応募可能性も提案して頂きました。調剤未経験の私が管理薬剤師ポストへ応募することは考えてもみませんでした。相当数の求人を比較し、その中から絞り込み、実際に面接を受けたのは1社のみでした。

2つ目に関しては、希望年収を「現状+150万円」の「550万円」に設定し、コンサルタントから「私が年収を増やしたい理由(子育て)と具体的な希望年収」を事前に薬局側に説明して頂き、条件に納得して頂いた上で面接を受けるという様にして実現可能性を高めてもらいました。私の性格上、人に対して意見を言う事が苦手なのでこの事前説明は大変助かりました。

__面接はかなり準備をされて臨まれたようですね。
はい。コンサルタントの方から、先方は私が調剤薬局未経験である事を不安視していると伺っていました。それに対して自分がどのようにアピールできるかを考えました。

 

正直に言えば、私自身にも不安がありましたが、面接先は在宅へ積極的に取り組んでいる薬局でしたので、病棟業務で培った入院患者に深く入り込んだ服薬指導の経験や、総合病院でほぼすべての科目を取り扱った経験を整理し、お伝えしました。

また、医師・看護師も参加する勉強会を率先して開いていた事を例に出して、やる気や勉強意欲もシッカリとお伝えしました。

調剤薬局で働く母の姿を見て育ったこと、これから地域医療へ貢献したいという想いも率直にお伝えしました。

__その結果として、望む年収を実現させたわけですね。現在はいかがですか。
勤務して1ヶ月程度しか経過していないのでまだなんとも言えないのですが、病院と調剤薬局では、患者さんとのコミュニケーションの種類が全く異なります。

病院は基本的には入院患者さんなので、毎日のように顔を合わせ、ベットサイドで時間をかけて服薬指導ができるため、患者さんに深く入り込めました。調剤では来店した患者さんに対して、色々な方と短時間に接する形となりますので、また違うスキルが求められ、日々勉強です。

現場に立ってみて改めて、薬局に求められる役割は今後増々大きくなると感じています。 まだまだ出来ること、すべきことがたくさんあります。今後は病院とも連携し、地域医療の発展に貢献したいと考えています。

__最後に、転職される方にアドバイスをお願いします。
いざ自分が転職しようと思うと、情報収集の手間が多く、かつどこまでする必要があるかわからなくて、思った以上に大変です。そのため一度転職をすると決めた時は、2~3週間で集中的に取り組む事が大事だと思いました。

働きながらだと何かと大変ですが、そこは紹介会社さんにお願いすれば両立は可能です。 それに、就職活動と同じくらい転職活動は重要だと思いますので、集中する価値はあると思います。

また、初めての転職だったので分からない事がたくさんありました。私は最初の1ヶ月は悩んでしまって、何も行動出来ていなかったので、もっと早めに相談すれば良かったと思いました。

色々な方からアドバイスを頂きましたが、最終的に決断するのは自分と家族なので、家族とは良く話し合うことが大切だと思います。

いかがでしたでしょうか?
Nさんは調剤薬局未経験ながら、これまでの経験を活かして年収を+150万円アップさせる転職を実現されました。そういった希望を叶える職場は決して多くはないかもしれませんが、求めれば必ず出会えるものと思います。その根本には「地域医療に貢献したい」というNさんの想いがあったことが重要だったように感じます。

このインタビュー内容から一つでも転職活動のヒントが見つかれば幸いでございます。
転職をご検討中でしたら、是非一度キャリアコンサルタントにご相談ください。


キャリアコンサルタント:小寺澤健太郎

提供:ファーマ人材バンク

 

【関連Q&A】
Q.今までは病院で勤めていました。調剤併設ドラッグストアか調剤薬局かで迷っています…
Q.転職先は心療内科の処方箋を多く受けている薬局です。今までそういった処方に触れる機会が少なくて全く自信がありません…
Q.病院からの転職薬剤師は、調剤薬局に転職後3年間保険薬剤師として従事しなくては「かかりつけ薬剤師」になることができないのでしょうか??…
Q.調剤薬局は私が勤めていたところは皆人間関係が悪かったです…

 
【関連記事】
・全国8大都市圏徹底比較。転職するならこの都市(まち)だ!
・イマドキ薬剤師求人は「何」を伝えているのか
・就職先の見極め方
・薬剤師の転職理由(アンケート結果)
・あなたは自分の業績を書き出せますか?
・理想と現実のギャップを生む要因|薬剤師の働き方
 

image

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5680件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る