新着記事・レポート

カテゴリーを選択

転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新規オープン店舗へ転職「3つのメリット」|薬剤師の転職事情

新規オープン店舗へ転職「3つのメリット」|薬剤師の転職事情

2012年05月21日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/05/21 09:00 icon_view 293view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 293view

先日、一般の大学生が厳しい就職状況にあえぐ中、薬学部生は空前の売り手市場となっているというニュースを目にしました。
関係者によると「2年間のブランクのため、特需のようなもの」「世間の就職情勢からすれば別世界」「薬剤師免許を取って職に就けない学生はいない」とのことです。薬剤師需要の高い状態は今後もまだまだ続きそうですね。

さて、4月から新しい仕事を始められた方は、だんだんと仕事にも慣れてきた頃かと思います。この春は診療報酬改定や久々の新人教育などでバタバタしていた職場も多く、「転職を考えてはいるけれど・・・」と思いつつ、タイミングをつかめずに一旦見合わせていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

5月に入り、職場が落ち着きを取り戻してきたことで、夏のボーナス後転職に向けて準備を始められる方が多くなってきております。それに伴い、例年5月に入ると転職希望者、求人情報共に活発に動き始めます。

そして今年は新店舗ラッシュ!
「新規店舗での即戦力人材」は条件交渉もしやすく、好条件転職が叶いやすいチャンスです。現在、2年間の空白期間を終え、6年制卒薬剤師の入職を見越して「新規オープン店舗」が各地で増加中です。「新規オープン店舗」といえば、店舗がキレイ、皆同じスタートラインなどのメリットをお考えだと思いますが、実は他にも見逃せないメリットがあるということをご存知でしょうか?

そこで本日は「新規オープン店舗」に勤めるメリットをお伝え致します。

■新規オープン店舗へ転職「3つのメリット」
メリット1)「給与アップ」「休日」など、条件交渉に応じてもらいやすい
6年制薬剤師の卒業を見越し、新店舗オープンを予定しているものの、思うように人員を確保できていない薬局からの相談が現在多くなっています。
オープンを控え、企業側も人員確保に力を入れています。広告に記載していなくても、急募の場合は「給与アップ」「休日」などの条件緩和に応じる企業もございます。そのため実は、新規オープンは好条件転職のチャンスでもあるのです。

メリット2)「駅近」「繁華街」など通勤・生活便利な職場が多数
企業ごとの事業戦略によって店舗展開地域は異なりますが、「駅前」や「オフィス街」など通勤便利な立地に新規出店する薬局と、「ショッピングセンター近く」など住宅街を中心に新規出店する薬局が多くなっています。意外なところで希望にピッタリの職場が見つかることもございます。募集の少ない人気エリア・沿線の求人は短時間で無くなってしまう傾向もありますので、立地を重要視した職場をお探しの方は、求人の多いこの時期にご自分のライフスタイルに合う店舗を探してみてはいかがでしょうか。

メリット3)「キャリアの幅が拡がる経験」ができる。将来独立をお考えの方にもおすすめ
新規オープンの薬局に入職された方に伺うと、一番良かったと思うことは、「店舗運営や薬局創りに携わり、薬局ができるまでの過程を体験できること」とのことです。新店舗でしかできない経験・ノウハウは、キャリアの幅を拡げてくれますし、将来独立をお考えの方が経験を積む際にもおすすめの環境です。


■店舗拡大中の店舗は安定企業の証拠です。
昨今の景気不安から、転職先として「長く勤められる企業」を希望される方が多数いらっしゃいます。新店舗をオープンしている企業は、経営が安定しており事業規模も拡大していると言えますので、その点では、安心してお勤め頂けると考えます。ただし、企業によってビジョン、社風や店舗展開地域、福利厚生などは大きく異なりますので、その点はご自身の考えやライフスタイルに合うか、確認が必要です。

「応募や面接はまだ考えていない」とお考えの方も、今のうちに知っておくと役立つ情報はたくさんあります。特に初めての転職や異業種への転職をご希望の方、ブランクのある方や退職のタイミング・スケジュールが決まっていない方は、是非一度「転職支援サービス」に相談されることをおすすめします。


キャリアコンサルタント:小寺澤健太郎

提供:ファーマ人材バンク


 

【関連Q&A】
Q.今までは病院で勤めていました。調剤併設ドラッグストアか調剤薬局かで迷っています…
Q.転職先は心療内科の処方箋を多く受けている薬局です。今までそういった処方に触れる機会が少なくて全く自信がありません…
Q.病院からの転職薬剤師は、調剤薬局に転職後3年間保険薬剤師として従事しなくては「かかりつけ薬剤師」になることができないのでしょうか??…
Q.調剤薬局は私が勤めていたところは皆人間関係が悪かったです…

 
【関連記事】
・全国8大都市圏徹底比較。転職するならこの都市(まち)だ!
・イマドキ薬剤師求人は「何」を伝えているのか
・就職先の見極め方
・薬剤師の転職理由(アンケート結果)
・あなたは自分の業績を書き出せますか?
・理想と現実のギャップを生む要因|薬剤師の働き方
 

image

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5703件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る