運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の転職事情

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『転職のイロハ』48.第2期生卒業でどうなる?薬剤師転職市場

『転職のイロハ』48.第2期生卒業でどうなる?薬剤師転職市場

2012年12月21日 (金) 09時00分配信 投稿日:12/12/21 09:00 icon_view 456view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 456view

こんにちは。
いつも、ココヤクコラムを読んで頂きありがとうございます。

12月1日より、早くも2014年度新卒の就職活動が解禁されました。
昨年の今頃は、空白の2年間が終焉を迎え、初の6年制薬剤師の卒業を前にその後の薬剤師業界の動向に注目が集まっていましたね。そしてそろそろ、来年卒業する「6年制薬剤師第2期生」についても気になってくる時期ではないでしょうか。

さて、今回は「6年制薬剤師第2期生卒業後の転職市場」についてお伝えしたいと思います。ご転職をお考えの方は、今後の転職活動を有利に進めるために、是非ご確認ください。
 

■ 6年制薬剤師の人気就職先は?

先日、薬学教育協議会により、「2012年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査の集計報告」が発表されました。

(1)就職先状況
薬学部6年制第1期生を輩出した67大学の卒業者のうち最も多い就職先

第1位 薬局 3308人(39.0%)
第2位 病院・診療所勤務(薬局) 2522人(29.8%)
第3位 医薬品関連企業 996人(11.7%)
第4位 一般販売業(ドラッグストア等) 562人(6.6%)

となり、全体の4分の3が現場の薬剤師を選択されました。
また、「進学」したのは、卒業者の2%に過ぎない166人という結果でした。
大きな変化はないですが、市場に新たな薬剤師が7,500人も追加されました。

(2)初任給
2012年4月に就職した薬剤師の初任給は平均21万6556円でした。
(なかには60万円という破格の金額を支給した企業も・・・!)

そのなかでも、もっとも多い分布は、
・調剤薬局 24万~26万円
・ドラッグストア 28万円~(女性では30万円以上!)
・病院 (国公立系)20万~22万円(私立系)22万~24万円

そして医薬品関連企業のうち最も就職が多い「医薬情報担当者」部門では24万~26万円が4割、20万~26万円が8割という結果でした。

みなさまの新卒時の初任給と比べていかがですか?
参考までに、日本病院薬剤師会の報告によると、6年制卒薬剤師の国家公務員の初任給は20万8000円、4年制課程の薬学部を卒業した薬剤師は17万8200円ですので、6年制課程の薬学部を卒業した薬剤師との差別化が図られているといえるでしょう。


(次ページ)■6年制第2期生卒業でどうなる?薬剤師転職市場・・・

kyujin

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る