運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『栄養学講座』8.「低GI」食で血糖値改善

『栄養学講座』8.「低GI」食で血糖値改善

2011年03月30日 (水) 09時00分配信 投稿日:11/03/30 09:00 icon_view 416view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 416view

独立行政法人国立健康・栄養研究所は、健康・栄養食品に関する適切な情報を提供することを主な業務とする栄養情報担当者(Nutritional Representative=NR)の認定資格制度を設けております。

NR養成講座:http://www.kenkoexpert.com


糖尿病予防やダイエット関連でよく耳にする『低GI』、これが何によいのか、どうのようなものなのか、皆さんはご存知でしょうか。

GIとは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、基準となる糖質50g(ブドウ糖又は主食となるパンや米飯など基準となる食品)を摂取した後の血糖上昇率を100として、それを基準に、同量(糖質50gを含む量)の食品を摂取して、その血糖上昇率をパーセントで表した数値です。
つまり、各食品の食後血糖値の上昇度を示す指標というわけです。
hyou1

GI値が大きい食品ほど血糖値を急速に上昇させ、値が小さい食品ほど緩やかに上昇させます。
精白された白米や食パンよりも、精製されていない玄米や全粒粉パンのほうが、GI値は低くなります。

食品名 GI値 食品名 GI値
白パン 69 リンゴ 39
黒パン 72 バナナ 62
玄米 66 ブドウ糖 100
白米 72 ショ糖 59
スパゲティ(粗) 42 アイスクリーム 36
スパゲティ(精) 50 牛乳 34
じゃがいも 80 はちみつ 87
さつまいも 48 ピーナツ 13
大豆 15 ポテトチップ 51
Jenkins DJ、et al.:Am J Clin Nutr, 34,362-366(1981)
(健康・栄養食品アドバイザリースタッフテキストブック
独立行政法人国立健康・栄養研究所監修)、第7版、p.298、第一出版(2010)から一部抜粋)

食事摂取後に血糖値は一時的に上昇しますが、膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンの働きによって、通常、約2時間後には元の一定値まで戻されます。
しかし、インスリンが不足したり、うまく細胞に作用しなくなると血糖値が戻らず、糖尿病となってしまいます。日本人は欧米人と比べ、遺伝的要素によりインスリン分泌能が低いため、肥満でなくても糖尿病になりやすいと言われています。そのため、普段から血糖値を上昇させにくい食生活が望まれ、そのひとつとして低GI食が効果的と考えられています。
さらに、低GI食は、心血管疾患やメタボリックシンドロームの予防に有益な影響を与えることを示唆する報告もされており、これからも注目されるであろうと思われます。

提供:エコロジーヘルスラボ

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月27日~12月04日

もっと見る