新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『健康食品管理士講座』3.食品と医薬品の相互作用(3)

『健康食品管理士講座』3.食品と医薬品の相互作用(3)

2012年01月19日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/01/19 09:00 icon_view 486view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 486view

健康食品管理士とは、一般社団法人 日本食品安全協会(旧 健康食品管理士認定協会)が、健康食品等の安全性、効果、医薬品との相互作用及びその取り扱いに関する知識を有し、健康食品等を摂取する消費者の健康状態の判断等に一定レベルの能力があると認めた者で、消費者に対し健康食品等を適正に利用することとその被害から守ることに指導的役割を担える者のことです。

健康食品管理士養成講座:http://www.kenkoexpert.com



食品とクスリの相互作用(3)


年も明け、今年もバレンタインの時期が近づいていましたね。
コンビニやスーパー、デパートでも、華やかなチョコレートが並び始めました。
この季節に限らず身近なお菓子ですが、その作り方や分類はご存知ですか?

◆チョコレートの作り方と分類

チョコレートは原料のカカオ豆をすりつぶして作られ、この状態が"ビターチョコレート"として売られています。さらにミルクを加えたものを"ミルクチョコレート"、ココアバターにミルク、砂糖などを加えて作ったものを"ホワイトチョコレート"、ビターチョコから脂肪分を取り除き粉末にしたものをココアパウダーといいます。

突然ですが問題です!!
一番カロリーの低いチョコレートはどれでしょう?
(1)ビターチョコレート、(2)ミルクチョコレート、(3)ホワイトチョコレート

答えは文末へ!

◆チョコレートのちょこっといい話

ポリフェノールといえば赤ワインが有名ですが、チョコレートには赤ワインをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれており、これを「カカオポリフェノール」とよんでいます。
「カカオポリフェノール」は、動脈硬化の予防や、がんの予防、アレルギーの予防、ストレス対策など、さまざまな効果が期待されています。

◆高血圧に・・・

また、チョコレートは静脈を弛緩させるため、高血圧に有効です。健常者と高血圧症の患者に、1日約100gのチョコレートを摂取し続けたところ、収縮期血圧が4.7mmHg、拡張期血圧が2.8mmHgずつ下がった、という報告があります。

その他にも、カカオ成分には、ピロリ菌やO-157などの細菌感染の抑制、虫歯予防(ただし虫歯菌の餌になる糖類を含む製品には注意!)、集中力を高める、などの効果で注目されています。

(次のページ)◆チョコレートとクスリの相互作用・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る