新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『健康食品管理士講座』5.食品と医薬品の相互作用(5)

『健康食品管理士講座』5.食品と医薬品の相互作用(5)

2012年03月26日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/03/26 09:00 icon_view 475view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 475view

健康食品管理士とは、一般社団法人 日本食品安全協会(旧 健康食品管理士認定協会)が、健康食品等の安全性、効果、医薬品との相互作用及びその取り扱いに関する知識を有し、健康食品等を摂取する消費者の健康状態の判断等に一定レベルの能力があると認めた者で、消費者に対し健康食品等を適正に利用することとその被害から守ることに指導的役割を担える者のことです。

健康食品管理士養成講座:http://www.kenkoexpert.com




暦の上では春をむかえ、徐々に暖かい日が増えてきましたね。
お仕事や勉強で忙しい方も、陽の光を浴びて、一息ついてみてはいかがでしょう?
疲れた頭をリラックスさせることで、効率もあがりますよ。

"リラックス"といえば、「寝る前にホットミルクを飲むとぐっすり眠れる」というお話を聞いたことはありませんか?今回は、牛乳についてのお話です。


◆牛乳は万能?

コップ1杯の牛乳の主な栄養価は、以下の通りです。
Ca 231mg(1日の所要量の38.5%)
リン 195mg( 〃 21.7%)
亜鉛 0.84mg( 〃 12.0%)
レチノール当量 80mcg( 〃 13.3%)
ビタミンD 0.63mg( 〃 12.6%)
ビタミンB12 0.63mcg( 〃 26.3%)
パントテン酸 1.16mg( 〃 23.2%)
※所要量の値は、20代女性の目標値を用いています。

ご覧頂いて解る通り、牛乳は非常に良質な栄養源と言えるでしょう。
ただし、脂肪も多く含んでいるので、飲みすぎには注意が必要です。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする、という方はホットミルクにしたり、シチューやスープ料理に利用すると消化も良くなるので、オススメです。 
 

◆牛乳を飲むとリラックスできると言われる理由

ストレスに対処する成分として、GABAやトリプトファンが一時期話題になりましたね。
トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、神経伝達物質であるセロトニンや、睡眠を促すといわれるメラトニンの、前駆物質です。牛乳や乳製品の他、ナッツ類、赤身魚に多く含まれます。

(次のページ)◆牛乳と医薬品の相互作用・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る