運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『健康食品アドバイザー講座』6.植物性化学物質(phytochemical)

『健康食品アドバイザー講座』6.植物性化学物質(phytochemical)

2010年01月20日 (水) 15時09分配信 投稿日:10/01/20 15:09 icon_view 415view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 415view

独立行政法人国立健康・栄養研究所は、健康・栄養食品に関する適切な情報を提供することを主な業務とする栄養情報担当者(Nutritional Representative=NR)の認定資格制度を設けております。

NR養成講座:http://www.kenkoexpert.com



■フィトケミカル―色素の持つ機能性




現代人の野菜不足があちらこちらで言われて久しくなります。厚生労働省の「健康日本21」によると健康の観点から定められた野菜の摂取目標量は、成人1人1日当たり350gとされています。平成20年の厚生労働省の調査によると、野菜摂取量の成人における1日当たりの平均は295.3gであり摂取目標量に届いていません。また、20~40歳代では男女とも野菜摂取量が特に不足しています。

今回は、近年注目されている、「第7の栄養素」として果物や野菜の色素を取り上げてみます。

多種多彩なこれら色素を作っている物質を総称してphytochemical(フィトケミカル)と言います。昔から色鮮やかな野菜や果物を食べると健康に良いと言われてきました。それは生活習慣病の予防に役立つことが経験的に分かっていたからでしょう。最近になって、これらの色素には抗酸化力があり、併せてさまざまな機能を持っていることが解明されてきています。そのため健康食品素材として利用される機会も増え、市場でたくさん見受けられるようになりました。
今回は、これらの色素の持つ機能性について、取り上げてみたいと思います。

果物や野菜の色素成分としてよく知られているものに、トマトの赤い色をつくるリコピン、ぶどうやブラックベリーの赤紫のアントシアニン、にんじん、かぼちゃ、マンゴの色でカロテン、メロンや桃の黄橙のクリプトキサンチン、アボガドやメロンの黄緑のルテインやゼアキサンチン、そしてブロッコリーやケールの緑のスルフォラファン、葱やにんにくの薄緑色の硫化アリルなどがあります。

(次のページ)「フィトケミカル―カロテノイド」へ・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る