運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『サプリメント講座』5.食物繊維

『サプリメント講座』5.食物繊維

2012年09月24日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/09/24 09:00 icon_view 202view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 202view

健康食品管理士とは、一般社団法人 日本食品安全協会(旧 健康食品管理士認定協会)が、健康食品等の安全性、効果、医薬品との相互作用及びその取り扱いに関する知識を有し、健康食品等を摂取する消費者の健康状態の判断等に一定レベルの能力があると認めた者で、消費者に対し健康食品等を適正に利用することとその被害から守ることに指導的役割を担える者のことです。

健康食品管理士養成講座:http://www.kenkoexpert.com




サプリメント講座

ドラッグストアや通信販売、TVショッピングなどでも目にしない日はないサプリメント。
健康や美容のために、毎日飲まれているという方も多いのではないでしょうか。
今飲んでいるサプリは、ご自身に合っていますか?
お客様や患者様に、適切なサプリをオススメできますか?

この講座では、サプリメントとの上手な付き合い方をご紹介していきます。
 

■食物繊維について

食物繊維は、以前は栄養素の利用効率を下げるものとして考えられていました。
しかし、最近になって健康維持に重要な働きを示すことがわかり、「第六の栄養素」とまでいわれています。
日本人の食事摂取基準2010年版では、実現可能な今後5年間の目標量として、男性は19g/日、女性は17g/日以上と定められています。

食物繊維の定義は「ヒトの消化酵素では消化されない、食物中の難消化性成分の総称」とされていますが、定義や測定法といった基本的な事項が、世界的に明確に統一されていないのが現状です。
 

■食物繊維の種類

 食物繊維は大まかに、水への可溶性から、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類されます。

「不溶性食物繊維」は水分を吸収して数倍から十数倍に膨らみ、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を高めます。肥満や便秘解消、腸の病気の予防などの効果が期待できます。

「水溶性食物繊維」は腸内で水分を抱え込みゲル状成分となり、有害成分を吸着して排泄させます。余分な栄養を吸着して吸収を妨害するため、糖尿病や動脈硬化、高血圧の予防が期待できます。

以下に、代表的な食物繊維とその働きを紹介します。

(次のページ)◆不溶性食物繊維・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19750件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る