新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

2.高血圧編(トクホ講座)

2.高血圧編(トクホ講座)

2010年03月23日 (火) 10時19分配信 投稿日:10/03/23 10:19 icon_view 851view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 851view

独立行政法人国立健康・栄養研究所は、健康・栄養食品に関する適切な情報を提供することを主な業務とする栄養情報担当者(Nutritional Representative=NR)の認定資格制度を設けております。

NR養成講座:http://www.kenkoexpert.com




■血圧と特定保健用食品


厚生労働省の患者調査(平成20年)によると、総患者数(傷病別推計)は、「高血圧性疾患」7,967 千人、「糖尿病」2,371千人、「悪性新生物」1,518 千人とされ、高血圧は日本人にたいへん多い病気となっています。高血圧は、「サイレントキラー(無言の殺し屋)」とも呼ばれるおそろしい病気であることは ご存知ですか。自覚症状はほとんどといっていいほどありません。しかし、そのまま放置すると、動脈硬化になったり、その後虚血性心疾患や脳卒中などを引き 起こし、命にかかわるおそれも出てきます。

血圧が高めの方は、高血圧症予防のために、生活習慣を見直す事が大切です。その上で、補助的にトクホを利用すると、より効果が得られると考えられます。
今回は「血圧が高めの方に適する特定保健用食品(トクホ)」について取り上げてみましょう。


◆特定保健用食品に利用されている関与成分◆

腎臓はレニンという酵素を分泌します。
このレニンにより、血中たんぱく質であるアンジオテンシノーゲンは分解され、アンジオテンシンIがつくられます。
さらにアンジオテンシンI は、アンジオテンシン変換酵素(ACE)によって、アンジオテンシンII に変換されます。
このアンジオテンシンII が血圧上昇に関与しているのです。
アンジオテンシンIIは、血管を収縮させるとともに、副腎皮質に働いてアルドステロンというホルモンを放出させます。
アルドステロンは、腎臓に働きかけ、ナトリウムの体内貯留を促します。
蓄積されたナトリウム量に応じて水分が保持され、血液量が増加し血圧が上昇します。

トクホの関与成分としてラクトトリペプチド、かつお節オリゴペプチド、イソロイシルチロシン、サーディンペプチド、カゼインドデカペプチド、わかめペプチドなどのペプチド類がありますが、これらは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の阻害作用を有し、アンジオテンシンIIの生産量を低下させることにより血圧降下作用を示すとされています。


杜仲茶配糖体に含まれるゲニポシド酸が、副交感神を刺激し、血管の平滑筋を弛緩させることで降圧作用が生じるとされています。

γーアミノ酪酸は、GABA(ギャバ)とも呼ばれ、アミノ酸の一種です。交感神経からの血管収縮作用のあるノルアドレナリンの放出を抑制することにより、血圧を降下させると考えられています。

酢酸は、血管拡張効果による血圧降下作用が認められています。

これら成分を含むトクホの有効性を評価する試験では、二次性高血圧(腎臓障害など他の病気が原因で起こる高血圧)の人は除いた、正常よりも血圧が高い人において効果が認められたと報告されています。このことから、トクホを適切に利用するためにも、誰を対象とした製品であるかを認識しておくことが必要です。

提供:エコロジーヘルスラボ

Good13

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1341件)

show

2017.08.23 new 256.先取りしていた環境省の資料には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19857件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5622件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月17日~08月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月17日~08月24日

もっと見る