運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『トクホ講座』4.骨粗鬆症

『トクホ講座』4.骨粗鬆症

2010年05月20日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/05/20 09:00 icon_view 504view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 504view

独立行政法人国立健康・栄養研究所は、健康・栄養食品に関する適切な情報を提供することを主な業務とする栄養情報担当者(Nutritional Representative=NR)の認定資格制度を設けております。

NR養成講座:http://www.kenkoexpert.com



■骨の健康と特定保健用食品

我が国では、約1,000万人が骨粗鬆症に罹患しているといわれ、女性では65歳を過ぎると約半数が、男性では75歳を過ぎると約20%が罹るとされてい ます。骨量は20歳前後でピークに達し、加齢とともに徐々に低下、閉経期以降及び高齢期では急速に低下していきます。我が国では高齢化に伴い、骨粗鬆症患 者はさらに増加していくと考えられます。
今回は『"カルシウムの吸収" "骨の健康維持"に役立つ特定保健用食品(トクホ)』について取り上げてみましょう。


◆特定保健用食品に利用されている関与成分◆

CPP(カゼインホスホペプチド)は、牛乳の たんぱく質カゼインに消化酵素を作用させることにより得られた成分です。摂取したカルシウムが、腸内でリン酸イオンと結合すると不溶性のリン酸カルシウム が形成され、吸収されにくくなってしまいます。CPPとカルシウムを同時に摂取することで、その結合が抑制され、カルシウムが吸収されやすい状態となりま す。CPPを配合した清涼飲料水や豆腐が市販されています。

CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)は、カ ルシウムにクエン酸とリンゴ酸を配合したものです。一般に 摂取されたカルシウムは、胃で可溶化されますが、腸内では酸性から弱アルカリ性に変わり溶けにくい状態となります。CCMは、クエン酸とリンゴ酸を配合し て水に溶けにくいカルシウムを可溶化し、吸収されやすい状態になるよう設計されたものです。清涼飲料水として利用されています。

大豆イソフラボンは、 骨吸収(骨からのカルシウムの溶出)を抑制する作用がある女性ホルモン(エストロゲン)に化学構造が似ており、エストロゲンレセプターを介して骨吸収を抑 える働きがあります。特に閉経期以降など女性ホルモン不足時にみられる骨吸収の亢進を抑制します。豆乳飲料や清涼飲料水として利用されています。

納豆菌によって産生されるビタミンK(メナキノン7)は、カルシウムが骨になるのを助けるタンパク質オステオカルシンの活性化に働くビタミンです。活性化されたオステオカルシンはカルシウムと結合し、骨の石灰化(骨にカルシウムを沈着)に重要な役割を果たしています。ビタミンKを豊富に含んだ納豆が知られています。

MBP(乳塩基性タンパク)は、乳清中に微量 に含まれている塩基性のタンパク質です。骨を壊す破骨細胞の活性を抑え、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えます。また骨をつくる骨芽細胞の働きを活発に し、骨にカルシウムを取り込みやすくして骨形成を助けます。MBPを配合した乳飲料や清涼飲料水が市販されています。

その他に、フラクトオリゴ糖(難消化性のオリゴ糖)やポリグルタミン酸(納豆の粘質物の主成分)も、カルシウムの吸収を促進するとしてトクホの関与成分として認められています。

骨の健康維持にはカルシウムの十分な摂取が欠かせませんが、私たちはどれくらいの量のカルシウムを摂取すればよいのでしょうか。食事摂取基準2010年版 では、20~60歳代女性では650mg./日(推奨量)とされています。しかし実際は20歳代では408mg/日、50歳代では528mg/日といった ように不足の状態となっています。(平成20年国民健康・栄養調査)
カルシウム摂取以外にも、ビタミンDなどの栄養素や、過度の飲酒や喫煙、ストレス、やせ、運動不足などの因子も骨粗鬆症に関連しています。まずはこのような生活習慣を見直した上で上手にトクホを利用するとよいでしょう。


提供:エコロジーヘルスラボ

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19750件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る