新着記事・レポート

カテゴリーを選択

健康・栄養食品

<<前の記事へ

次の記事へ>>

3.活性酸素とビタミン(栄養学講座)

3.活性酸素とビタミン(栄養学講座)

2010年10月22日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/10/22 09:00 icon_view 556view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 556view

独立行政法人国立健康・栄養研究所は、健康・栄養食品に関する適切な情報を提供することを主な業務とする栄養情報担当者(Nutritional Representative=NR)の認定資格制度を設けております。

NR養成講座:http://www.kenkoexpert.com



■活性酸素とビタミン


『活性酸素』 という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。 アンチエイジングや健康・美容などの分野では、体をサビつかせる悪者として話題に挙げられています。
活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除するという良い面での働きもありますが、体内に過剰に溜まってしまうと、体をサビつかせ(酸化させ)、老化を促進したり、お肌のシミ、シワの原因 になってしまいます。
さらに近年、老化のみらなず、高血圧、動脈硬化、がんなど種々の疾病の発生に関与 していることも明らかにされてきており、この活性酸素を消去する「抗酸化物質」が注目を浴びています。
今回は活性酸素と抗酸化ビタミンについてとり挙げてみましょう。

~活性酸素~
私たちは酸素を取り込み、食事から摂った栄養素を燃焼させることによりエネルギーを作り出しています。この過程で使われた酸素は水となりますが、一部は『活性酸素』 に変化し、これが体を酸化させてしまうのです。
『活性酸素』 とは、著しく反応性に富む酸素原子を含む化学種を指し、スーパーオキシド、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素 が知られています。またこのうち、スパーオキシドとヒドロキシルラジカルは『フリーラジカル』 とも呼ばれています。

原子は原子核を中心として、その周りをいくつかの軌道に別れて電子が飛び回っています。一般に、電子は2個で対をなしている状態で存在していますが、対にならず1つだけで存在する場合があります。この対になっていない電子を「不対電子」 と呼び、不対電子を持つものを『フリーラジカル』 といいます。フリーラジカルは不安定な状態であるため、他の原子や分子から電子を奪い取って、生体成分を酸化させてしまうのです(物質から電子が失われる反応は酸化となります)。
「フリーラジカル」であるヒドロキシルラジカルは活性酸素の中で最も反応性が強く、酸化力も強いとされています。

また、フリーラジカルではない活性酸素も体の酸化に関与しています。過酸化水素は、細胞中の鉄イオンや銅イオンなどと反応して酸化力の強いヒドロキシラジカルを発生させます。一重項酸素は空の電子軌道をもっているため、電子を求めることによる酸化力を持っています。


■活性酸素とビタミン



~活性酸素と抗酸化ビタミン~

生体内には、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)等の酵素により活性酸素の消去を行う働きが備わっています。しかし、消去しきれない過剰の活性酸素は脂質、たんぱく質、核酸などを酸化変性させ、生体の構造や機能に損傷を与えます。
血液中では、LDL(悪玉コレステロール)が増えすぎると活性酸素と反応して『酸化LDL』 となり、これが血管内皮細胞を傷害し、動脈硬化の原因となると考えられています。 また、皮膚では、シミ・クスミなどの原因となるメラニンの生成が促進されたり、活性酸素によるDNAの損傷は発がんの原因ともされています。

そこで期待されているのが、活性酸素消去能力を持つ抗酸化物質の摂取 です。ビタミンでは、代表的なものとしてビタミンE、ビタミンC、β-カロテン が抗酸化ビタミンとして知られています。
脂溶性であるビタミンEは、自らが活性酸素により酸化され、細胞膜や血中の脂質が酸化されるのを防いでいます。ビタミンCもまた、活性酸素を受け取って他の生体成分が酸化されるのを防いだり、酸化されたビタミンEを再生させる働きもしています。紫外線の照射より皮膚に発生した一重項酸素の消去には、β-カロテン有効であるとされています。

活性酸素は年齢とともに増加すると言われています。またエネルギー生成から発生する以外にストレス、喫煙、大量飲酒、紫外線、排気ガス、環境ホルモン、などによっても大量に発生することが分かっています。
食事やサプリメントなどで抗酸化物質を摂ると同時に、活性酸素を増やさない生活を心がけることも大切となってきます。
 




提供:エコロジーヘルスラボ

 
 

【関連Q&A】
Q.アミノ酸ダイエットについて質問です!
Q.水素水は、実際効果があるのでしょうか?
Q.妊娠を希望している方への葉酸サプリメントで、おすすめは?
Q.サプリメントで脂溶性ビタミンCを摂取するのは好ましくないのでしょうか??

 

【関連記事】
・ビタミンサプリ(サプリメント講座)
・ビタミン不足で、太る!?
・よくある組み合わせばかり!栄養学的にみた、ほんとは身体に悪い食べ合わせ
・処方箋なしでも寄ってもらえる健康相談ができる薬局を目指す【薬剤師 中山寛之氏】【管理栄養士 高橋知子氏】
・健康管理の根本は食事管理が重要 おいしく食べられる療法食を作りたい【管理栄養士 寺島みな子氏】

 

「栄養学講座」の連載記事
・最近注目される脂質
・カルシウム代謝とビタミン
・エネルギー代謝とビタミン


*連載記事の一覧はこちら
 

Good10

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る