新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬物乱用・依存講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

2.薬物乱用を理解するpart2

2.薬物乱用を理解するpart2

2009年06月19日 (金) 17時33分配信 投稿日:09/06/19 17:33 icon_view 228view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 228view

薬剤師のみなさん、こんにちは。コラム「薬剤師のための薬物乱用・依存講座」にようこそ。
前回は、薬物乱用という言葉について解説をしました。今回のテーマは、「日本における薬物乱用の全体像を捉える」ことです。
 

■ 1.シンプルな質問



薬物乱用
というと、私たちが新聞やテレビなどで最近よく目にするのは、芸能人や有名大学の学生などの大麻事件でしょう。あのようなメディア報道が続くと、あたかも急速に私たちの周囲に大麻が広がってきているように感じるかも知れませんね。

こうした報道を通じて、薬物乱用に対する関心や警戒心が高まってきているからなのでしょうか、最近こういう質問を受けることがあります。
「日本では、薬物乱用者は何人いるのでしょうか?」、「日本では、大麻が増えているの?」

う~ん。。。極めてシンプルな質問なのですけど、私はいつも答えに困窮してしまいます。なぜなら、ご承知の通り麻薬や覚せい剤は、使用行為自体が法律で禁止されていますので、薬物乱用の「実態」を調べることは犯罪行為の掘り起こし作業にも近く、正確な全体像を掴むことは困難だからです。誰しも、自分の犯罪行為を他人に知られたくないですからね。

とはいえ、問題の大きさや特徴がわからないことには、それに対する対策を立てようがありません。そこで薬物犯罪者の統計や、私も関わっている実態調査などのデータを総合的に判断することで、全体像を掴んでいくという形をとりたいと思います。

それでは、それぞれのデータを順に見ていきましょう。


■ 2.薬物犯罪者の統計



犯罪白書 (法務総合研究所)では、薬物事犯の検挙人員をはじめ、取り締まりや処遇の状況が毎年公表されています。もちろん、薬物犯罪の統計だけを見ていても、検挙されていない薬物乱用者も潜在的にはいるはずですから、氷山の一角なのかも知れません。

しかし、薬物犯罪者のデータは長年蓄積されておりますから、それらを経年的に眺めることで、薬物乱用の流行(トレンド)を掴むことはできそうです。

image
図1.覚せい剤取締法違反の検挙人員の推移

この図1は、薬物乱用に関わる各法律に違反した検挙者数です。
例えば、青線は、覚せい剤取締法違反によって検挙された人数で、この中には、使用罪や所持罪だけなく、密輸、密造、譲渡なども含まれます。覚せい剤乱用の歴史は古く、戦後約60年に渡り続いており、現在でも検挙者数が最も多いのは覚せい剤です。欧米では、ヘロインやコカインの乱用が薬物問題の中心となっていますが、日本での中心的な薬物は覚せい剤だと言ってよいでしょう。

この統計を元に、日本の覚せい剤乱用状況は、第1次~第3次の乱用期に区分されて説明されることがあります。これは検挙者数の増減だけでなく、乱用者層の特徴、入手経路や方法、乱用に関連した事件などを総合的に判断して区分されたものです。覚せい剤など薬物乱用の歴史について、もう少し詳しく勉強されたい方は、『依存性薬物と乱用・依存・中毒 ―時代の狭間を見つめて(和田清著/星和書店)』で解説されていますので、そちらをご参照ください。


(次のページ)「2.薬物犯罪者の統計~つづき」へ・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19853件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5619件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月15日~08月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月15日~08月22日

もっと見る