新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬物乱用・依存講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

6.薬物乱用・依存の予防を考えるpart2

6.薬物乱用・依存の予防を考えるpart2

2009年11月16日 (月) 13時50分配信 投稿日:09/11/16 13:50 icon_view 244view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 244view

薬剤師のみなさん、こんにちは。コラム「薬剤師のための薬物乱用・依存講座」にようこそ。

今回は、児童・生徒を相手に薬物乱用防止の話をする際のポイントについてお話をしたいと思います。学校での薬物乱用防止教育を実践される際のヒントになれば幸いです。
 

■1.身近な問題だと感じてもらう-1



まず、全般的なことですが、薬物乱用防止教育というと薬物の害や、犯罪性のことばかりが強調されがちです。薬物乱用が心身に与える影響が重大なものであり、薬物乱用が犯罪であることは当然です。しかし、いきなりこの調子で子どもたちに語りかけても、あまりメッセージとして受け止めてもらえないと思います。

「あぁ、またドラッグの話し?そんなのダメなのはわかってるよ・・・うざいよね。」

まぁ、こんな態度をとられても仕方ありません。健康教育にはいろいろなモデルやアプローチがありますが、健康被害ばかりを強調したり、脅したりといった、いわゆる恐怖教育(Fear education)だけでは、人の行動をより健康的なものに変えていくためには、限界があるのではないでしょうか。
なぜなら、植え付けられる「恐怖」と、子どもたちの想像力との間に距離がありすぎるからだと思います。


■1.身近な問題だと感じてもらう-2



幻覚や妄想といった精神病のことを詳しく説明してもピンとこないでしょうし、タバコ吸い続けた肺の画像を見せても、「気持ちが悪い」とか「怖い」と感じさせる効果はあっても、それが自分たちの問題とは感じてもらえないのではないでしょうか。やはり、薬物乱用が自分たちの近くで起きている問題であることに気がついてもらうことが重要です。

「私とは関係ない話」「自分だけは大丈夫」などと考えている子は、実は危険な状態だと思います。なぜなら、思春期の子どもたちというのは、友達や先輩といった身近な人間関係からの影響を強く受ける時期です。あるいは、メディアの影響も受けやすいと言われています。
そのような時期にいる子どもたちの中で、例えば一人の子が薬物を使いはじめると、学校の友達や周囲の仲間に「こんなにいい物がある」とすすめることが良くあります。あるいは、「仲間外れにされたくないなら、一緒に使え」と迫ってくる場合もあるでしょう。今まで薬物のことなど考えたこともなかった子が、「あいつもやってるんだから、1回くらいは大丈夫だろう」と薬物を使いはじめてしまうわけです。

このように思春期における薬物乱用は、感染力の強い伝染病のごとく、一気に広がる可能性があります。
では、どういうメッセージを伝えれば、「身近な問題」として感じてもらえるのでしょうか。


(次のページ)「2.データに基づく実態を伝える」へ・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19964件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る