新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬物乱用・依存講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬物乱用・依存講座』1.薬物乱用を理解するpart1

『薬物乱用・依存講座』1.薬物乱用を理解するpart1

2009年04月09日 (木) 15時34分配信 投稿日:09/04/09 15:34 icon_view 522view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 522view

■(1)-1 薬物乱用とは何でしょうか?





薬剤師のみなさん、こんにちは。コラム「薬剤師のための薬物乱用・依存講座」にようこそ。

第1回目は、ズバリ、本シリーズのタイトルにも使われている「薬物乱用」をテーマとして取り上げたいと思います。
「薬物乱用」とは 、何を意味する言葉なのか?日本では、どのような薬物が乱用されているのか?に、ついて解説していきたいと思います。

図1.薬物乱用・依存・中毒時間の相関関係
出典:ご家族の薬物問題でお困りの方へ(厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課)

 
薬物乱用という言葉から連想されるイメージはどのようなものでしょうか?違法行為、犯罪、暴力団、麻薬、芸能人逮捕のニュース・・・など暗いイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

薬物乱用をヒトコトで定義するなら、「社会的規範から逸脱した目的や方法で薬物を自ら使用する行為」となります。
例えば、麻薬や覚せい剤は、法律によって製造、売買、所持だけなく、使用すること自体が禁じられていますので、そのような薬物を自 ら使うことが薬物乱用に当たります。つまり、この場合の社会的規範は、「覚せい剤取締法」などの法律になるわけです。

http://cocoyaku.jp/pdf/0901_ranyouPDF1.pdf(「ご家族の薬物問題でお困りの方へ」)
出典:ご家族の薬物問題でお困りの方へ(厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課)

 薬物乱用は、麻薬・覚せい剤だけに用いる言葉ではありません。未成年者飲酒禁止法や、未成年者喫煙禁止法では、満20歳未満の者の飲酒や喫煙を禁じていますので、未成年者の飲酒や喫煙も薬物乱用 の一つです。
ただ、これらの法律は、未成年者にアルコールやタバコを提供した大人や保護者を処罰することが主たる目的で、未成年者自身を処罰する規定はありません(行政処分として、お酒やタバコを没収する規定はあります)。

また、成人が飲酒をすることは乱用ではありませんが、朝から飲酒をして仕事に行かない、仕事に行ったとしても、飲酒の影響で仕事に ミスが増えるなど社会生活に支障をきたすような飲み方をしている場合は、社会規範からすると妥当とは言えず、乱用と捉えることがで きます。

(次のページ)「薬物乱用とは何でしょうか?」へ・・・

Good9

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る