新着記事・レポート

カテゴリーを選択

法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

6.調剤契約の性質(後編)

6.調剤契約の性質(後編)

2010年12月17日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/12/17 09:00 icon_view 360view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 360view

前回(「第6回 調剤契約の性質(前編)」) の続きです。
 

■3 薬剤師の義務の内容・程度


薬を渡すことという義務(結果債務)は、結果がそのまま義務であるのでわかりやすいと思いますが、服薬指導等の手段債務の方はどの程度の義務を負うのでしょう。仮にこの義務を果たさなかったために、患者さんに健康被害が起きてしまった場合には、債務不履行になり過失も認められることになるので、損害賠償責任を負うことになってしまいます(この義務は不法行為責任の場合でも同等の義務を課せられていると考えられますので、この義務を尽くさなければ不法行為責任も負うことになります。不法行為責任と債務不履行責任の関係は第2回のコラムをお読みください。)。ですから、この義務の程度を知っておくことは重要です。

これについては、医師に対する義務について述べている判例があります。 「いやしくも人の生命及び健康管理するべき業務に従事するものはその業務の性質に照らし、危険防止のために実験上必要とされる最善の注意義務を要求される」(最判36・2・16判時251・7)

この判例は医師について述べたものなので、薬剤師にも妥当するのかということが問題になりますが、薬剤師は調剤に関して独占的な権限を与えられ、生命及び健康管理するべき業務に従事しているのですから、医師と同程度の義務を負うと考えて良いでしょう。

そうすると、この判例に従い薬剤師には専門家として高度の注意義務が課されていることになります。


(次ページ)そして、その後最高裁は医師の注意義務に・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20175件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5710件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月18日~11月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月18日~11月25日

もっと見る