新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』14.薬剤師と看護師の責任

『薬剤弁護士の簡単法律講座』14.薬剤師と看護師の責任

2011年06月30日 (木) 09時00分配信 投稿日:11/06/30 09:00 icon_view 587view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 587view

以下のような質問を受けましたので、回答します。

質問
病院薬剤師をしています。病棟業務で、薬剤師が投薬車に薬剤を朝、昼、夜、眠前にセットしていますが患者への配薬は看護師が行っています。仮に薬剤師が投薬車へのセットの時にセットミスを犯し、朝服用するはずの薬を昼にセットしてしまったとします。これに気付かずに看護師が配薬してしまい、患者に健康被害が生じた場合、看護師とセットミスをした薬剤師ではどちらがどの位の刑罰を受けるのでしょうか?片方だけが刑罰を受けるとは考えづらいので教えて下さい。

回答
1 刑事責任
ご質問では、「どの位の刑罰を受けるのでしょうか」とありますので、まず刑事責任について解説します。

このような事例の場合、薬剤師及び看護師の両者に過失がある場合が多いと思われますので、両者共業務上過失致死傷罪(刑法211条1項)に問われ、「5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」に処される可能性があります。

どちらが、どの位の刑罰を受けるのかは、個別の事案によって異なりますのでなんとも言えませんが、事例では、最初の原因を作っているのが薬剤師ですから、薬剤師の方が重い処罰を受ける可能性が高いかもしれません。また、過失の態様が悪くなく、被害が小さいようであれば起訴はされない場合もありますので、必ず、刑罰に問われるというわけではありません。さらに、態様によっては、一方当事者は起訴され、もう一方は不起訴となる場合も考えられます。したがって、薬剤師だけが、刑罰を受けるという可能性もあります。 また、刑事責任ではありませんが、両者とも、業務停止等の行政責任を問われる場合もあります。


(次ページ)2 民事責任・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る