運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』21.診療所と薬局との契約(2)

『薬剤弁護士の簡単法律講座』21.診療所と薬局との契約(2)

2012年02月02日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/02/02 09:00 icon_view 438view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 438view

前回は、突然処方せん発行を中止され閉鎖を余儀なくされた門前薬局が、診療所に対し、損害賠償請求をした裁判例を紹介しました(福岡高裁平成14年11月21日)。
裁判所は、診療所と門前薬局との間で、処方せん発行に関して相応の合意はあったが、このような合意は、法的拘束力はなく、単なる事実上の約束、協力・協同関係の確認にとどまるとして、薬局からの診療所に対する損害賠償は認めませんでした。
今回は、裁判所がこのように判断した理由について解説します。
 

1 裁判所の認定した医薬分業の在り方

 まず、裁判所は、医師法や薬剤師法から、法は医薬分業を是としているとした上で、医薬分業の目的を達成するためには、「調剤薬局が医療機関から独立してその業務にあたることが,制度的にも確保されていることが不可欠であると考えられる。」と判断し、これを確保するために規定されている以下の省令や、通知を引用しました。

[1] 保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則
保険薬局に対して以下の事項等を禁止している。
(1) 保険医療機関と一体的な構造とし、又は保険医療機関と一体的な経営を行うこと。
(2) 保険医療機関又は保険医に対し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行うことの対償として、金品その他の財産上の利益を供与すること。

[2] 保険医療機関及び保険医療養担当規則
保健医療機関に対して以下の事項等を禁止している
(1) 保険医療機関は、保険医の行う処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行つてはならない。
(2) 保険医療機関は、保険医の行う処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行うことの対償として、保険薬局から金品その他の財産上の利益を収受してはならない。
同様の規制を保険医に対してもしている。


(次ページ)[3] 薬局業務運営ガイドライン・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る